営業電話がない! 資料請求! 【アエラ・クラージュ】

しつこい電話営業マン

 

ここではアエラホーム「クラージュ」の見積もり請求をしても、しつこい営業電話がかかってこない方法をご紹介します。

 

 

見積もり請求や資料請求、カタログ請求をすると、何度も何度もしつこく、営業の電話がかかってくるのではないかと心配する方が多いようです。

 

しつこい電話営業はイヤですよね!

 

うざい電話フォローはイヤですよね!

 

迷惑な電話攻撃はイヤですよね!!

 

 

しかし、そんな心配はご無用です。

 

嫌な営業電話がかかってこない秘密の方法があるのです。この方法を使えば、営業電話が一切かかってこないのです。また、いきなり自宅に訪問されたりすることも防げます。

 

全く営業をされることがないのです。

 

ですから、あなたのペースで検討ができるのです。

 

 

営業電話がかかってこない見積もり請求の方法!!

 

ここからが本題です。

 

見積もり請求をしても、

 

営業電話がかかってこない方法とは・・・・

 

見積もり請求の際に要望欄や備考欄に

 

「電話での連絡はではなく、メールでお願いします。また、自宅への突然の訪問等も控えてください。」

 

これを入力するだけです。

 

 

 

 

 

これだけで、100%に近い確率で営業電を防ぐことが可能です。たったこれだけを入力すればよいのです。

 

簡単でしょう?

 

でもこれが一番効果的なのです。

 

 

 

営業電話がかかってこない!! その理由とは???

コンプラ遵守
最近は企業のコンプライアンス遵守が非常に厳しくなっています。特に大手のハウスメーカーは徹底しています。

 

お客様サイドからの明確な要望を無視して、電話でも営業をしようものなら、それこそ懲罰ものです。大きな企業ほどそれは顕著です。

 

ですから、

 

「電話での連絡はではなく、メールでお願いします。また、自宅への突然の訪問等も控えてください。」

 

と、明確にしかも、後に残る形で要望されると電話での営業なんてできるはずがないのです。もちろん、自宅への突然の訪問もできないのです。住宅の営業マンは強引というイメージがありますが、

 

それは昔の話です。

 

今はインターネットの時代で、そのような行為はSNS等で簡単に拡散され、企業イメージに大きな傷をつけることとなります。大手のハウスメーカーほどその点には敏感で、社員教育も徹底しています。

 

ですから、

 

「電話での連絡はではなく、メールでお願いします。また、自宅への突然の訪問等も控えてください。」

 

と要望したにも関わらず、電話でのしつこい営業をしようものならクレームが入り、始末書ものです。場合によっては始末書では済まないでしょう。

 

減給や降格も考えられます。

 

 

 

 

 

 

営業されるから、しつこくされるから、強引だから、見積もり請求は辞めておこう・・・とは思わないでください。

 

ここで紹介した方法を使えば、そんな心配は無用です。安心して、気になるハウスメーカーの見積もり請求をしてください。

 

もう一度この下に書いておきます。

 

「電話での連絡はではなく、メールでお願いします。また、自宅への突然の訪問等も控えてください。」

 

これをコピペして使ってください。営業されることなく、安心して、見積もり請求ができます。

 

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加