「健康住宅」「シックハウス」「自然素材」???

健康住宅のイメージ

 

自然素材を使って健康な住まいづくりを

住宅の断熱・気密化が認められる一方、十分な換気が行われないことが 原因で、シックハウスなどの新たな問題が出てきました。素材の選び方 からも、快適で健康な住まいづくりについてご紹介しましょう。

 

シックハウス症候群(化学物質を含んだ建材などで起こる健康障害)を防ぐ素材や建材を使った家を健康住宅と総称します。シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなどのVOC(揮発性有機化合物)は法律で使用が制限されています。自然素材の建材は割高で施工に手間がかかりますが、健康への被害は最小限に抑えることができます。床・壁・天井などに使う仕上げ材は面積が大きく、人に直接触れるものなので、アレルギーを持つ人や乳幼児がいる家庭はできるかぎり健康に配慮した素材を使うようにしましょう。

 

 

 

基本は省エネ住宅と同じ 通風と換気で空気洗浄を!!

昔の日本の住まいは、隅々まで風が行き通る構造であったため、湿気がこもりにくく、建物を健全な状態で保っていました。しかし、時代とともに住まいの構造や壁紙などの素材、生活スタイルは変化し、建物の施工・維持にはさまざまな化学物質が使われるようになってきました。

 

そこで起きた問題が、「シックハウス症候群」と呼ばれる症状です。建物に使われた化学物質が擇発して空気中に漂い、それを吸い込むことで自立神経に異常をきたすようになったといわれています。そのほか、ダニやカビ、花粉や勣物の毛なども原因とされています。適切な換気を行い、湿気や化学物質の軽減につとめることが健康住宅をつくるカギとなります。

 

 

材料を選んで化学物質を最小限に抑える

自然素材の化学物質

 

2003年に施行されたシックハウス法により、ホルムアルデヒド系建材の使用制限が規定されました。建材としては、F☆☆☆☆からF☆まで4ランクあり、F☆は内装仕上げに使用できません。建物に使われる有害化学物質は、建材となる合板や集成材、壁紙を張る接着剤などにも多く含まれます。危険なものは最初から使わないのが一番です。家具類に使用している薬剤、掃除用洗剤など身の回りの日用品の成分も確認して、安全性が高いものを選ぶようにしましょう。

 

 

自然素材との上手な付き合いを

健康住宅の基本は、自然素材を上手に取り入れることが大切です。化学物質が含まれている可能性がある床・壁・塗料は、すべて代替となる自然素材があります。日本で古くから使われていた建築材には、調湿機能をもつ物も多くあります。しかし自然素材を採用しても、湿気や結露のためにカビやダニが発生しては何にもなりません。風通しを良くするためには、通気用の牛窓を2方向に設けましよう。なるべく間仕切りのない空問をつくり、家全体に風が行き渡るようにしましょう。また、仕切るときは引き戸を用いたり、欄間を設け、風を遮らないようにするなど、通風・換気を考慮した設計が大切です。面積が人きい壁には、調湿効果が高い素材を選びましょう。珪藻土は脱臭性と有害な揮発性物質を吸着する働きがあり、施工が簡単で、さらに耐火性や断熱性もありおすすめです。独特の香りをもつ月桃紙は、吸湿・通気性に優れ、防虫・防カビ効果もあります。素材の持つ効果や機能を、最大限生かせる場所に取り入れるようにしましよう。

 

また、床下や壁の内側にも湿気対策が必要です。いくら吸湿性のある素材を用いても、ずっと湿った状態か続いてしまうと、痛んで耐久性が弱くなったり、カビやダニの発生源になったりします。床下の湿気は、防湿フィルムや防湿コンクリートでシャットアウトしましょう。壁の湿気は、内側に通気層を設け、換気を行うスペースをつくることで乾燥状態を保ちましよう。特に注意したいのは、天然素材とうたっていても、防腐剤や施工用接着剤に有害物質が含まれている薬剤を使用しているケースがあるります。施工業者に、施工方法について確認することも重要です。

 

 

 

無垢板単層フローリング

天然木の単層板は、裏面に防腐剤などが塗っていないものを。湿気に弱いため、湿度の調整と結露防止が大切。床暖房には不向き。

 

昔からある100%稲わらの畳床はコスト高のため、最近は合板を稲わらで挾んだ畳床に、中国産の天然い草を編んだものが多い。和ブームの影響もあり、畳を使う住宅も増えている。

 

アクリル系クロス

プリントに水性インキを使用し、焼却時にも塩化水素ガスやダイオキシンなど有毒ガスが発生しない。耐久性がある

 

F☆☆☆☆複層フローリング

複層フローリングは、合板の表面に薄く削った天然木を貼ったもので、床材として広く普及している。F☆☆☆☆はホルムアルデヒドの放出量がもっとも少ないもの。

紙クロス

通気性があり結露が出にくい。プリントやエンボス加工のバリエーションが豊富なので、好みのものを選びやすい。耐水性が低く、水拭きができないものもある。

 

オレフィン系クロス

食品の包装材などに使われる水性オレフィン系樹脂が主成分。焼却時にも有毒ガスが発生しない。汚れには強いが、傷がつきやすい

 

コルクタイル

コルク樫の皮を原料とした天然素材。遮音性、保温性があり、床暖房などにも最適。

 

布クロス

通気性があるので結露が出にくい。高級感・重厚感を感じられるが、ホコリを吸着しやすいので、ハウスダストのアレルギーなどには要注意。

 

珪藻土

七輪や耐火煉瓦などに利用されてきた泥土。すぐれた調湿機能で結露やカビを防ぎ、化学物質の吸着、消臭効果などもある。クロス貼りに比べると2〜4倍ほど高価なため、家主が自分で壁塗りをして人件費を抑えるケ−スもある。

 

 

☆の数で建材の安全性がわかる!!

建材はJIS(日本工業規格)にもJAS (日本農林規格)にも、統一されたホルムアルデヒド放散量区分が設けられています。もっとも安全なのは、「F☆☆☆☆」と表示された製品。「F☆☆☆」と「F☆☆」は使用面積を制限され、「F☆」は使用禁止とされています。


「自然素材」の意味わかっていますか?

自然素材の意味

 

家づくりは人生の中でそう何度も取り組むものでもないでしょうから、最初の段階は分からないことだらけでしょう。どんな家にしようかを考える一つのきっかけにしようと、多くの人が住宅展示場に足を運んだり家づくりの雑誌を開いてみたりします。そこで、「このキッチンが素敵!」とか「やっぱりロフトが欲しいよな」などと思いを巡らせます。どんな家にするか、夢ばかりが膨らむ時期かもしれません。

 

しかし、あれも欲しい、これも欲しいという進め方では、住まいに何を求めるかという根幹を見失ってしまいます。この先ずっと、そこで家族と暮らしていくことを考えれば、自分自身として、家族として、住まいに何を求めるか、という価値の置き所をまず明確にしておく必要があります。住まいという空間は、そこで暮らす家族にそれだけ大きな影響を及ぼすものです。その象徴の一つとして素材が挙げられます。住まいに何を求めるかという価値の置き所を見定めた結果として、どのような素材で空間を形作るのかが決まります。そして、その素材によって形作られた空間は、そこで暮らす家族に身体的・精神的なさまざまな影響を及ぼすものです。

 

さて、家づくりを始めようとするあなたは、これから建てようとする住まいに何を一番に求めますか。この点は人それぞれでしょうが、身体的・精神的な安らぎを求めるという方は多いのではないかと思います。住まいにそうした安らぎを求める方には、素材としていわゆる自然素材を勧めることが考えられます。メンテナンスフリーの工業製品に慣れてしまうと、手入れの欠かせない無垢材は、厄介な素材かもしれません。しかしそれは、製品次第です。

 

無垢材で構成された空間で暮らすのと、コンクリートに覆われた空間で暮らすのと、何かが違うと感じませんか。とりわけ敏感な子どもにとっての影響は大きく、最近は子どもの育ちの観点から小中学校で木造校舎をつくる動きが広まっています。

 

 

国産材の活用

国産材

 

木材を利用する背景には、日本の山を守る、という理由もあります。山というのは、森林です。森林はさまざまな動植物の生息の場として、生物多様性保全や地球環境保全という環境面での役割を果たしています。土壌には木々が根をしっかり張っていますから、土壌には大量の雨水を貯め込むことができます。そのため、水源涵養や土砂災害防止といった役割も果たしています。ところが、林業の担い手不足で山が荒れてくると、そうした機能が損なわれてきます。2011年度林業白書によれば、1980年には全国で約19万人だった林業就業者は、2010年には約8万人と、半分以下にまで減っています。「山の危機」は以前から叫ばれていますが、改善にはまだまだ、供給者と需要者双方の努力が必要です。

 

需要者側にできる努力の一つが、国産材を利用することです。国では公共建築物や住宅での木材利用を促そうとさまざまな施策を講じています。林業白書によれば、昭和55年に3456万uだった木材の国内生産量は、ここ数年、1800万u前後で若干上向きとも思える推移を見せています。国産材を用いた家づくりには、そうした状況の改善にひと役買うという社会的な意義もあるのです。住まいをつくるという行為は、自分自身と家族の10年後、20年後にも思いを巡らせるものです。その思いを、日本の山にも向けたいものです。ただし、自然素材を売り文句に掲げた住宅には十分に注意してほしいと思います。それがブランド化しているのか、坪単価を聞くと、例えば70万円と、非常に高いのですが、それだけの価値のあるものなのか、疑わしい面もあるからです。

 

自然素材であれば、木材の品質管理や使い方が極めて重要です。しかし、この手の住宅にもそこに、難点が見られる場合があるのです。例えばこの手の住宅ではよく、程度の問題はあるとしても木材の割れや反りは自然素材である以上は仕方がない、自然素材の住宅がいいならそれを許容するはかない、といわれます。しかし、それは本当でしょうか。私の見る限り、割れや反りの原因は、乾燥や製材プロセスに問題があることが多いことです。それに、使い方の誤りも見られます。

 

木材には表と裏があることをご存じでしょうか。丸太から切り出した板材を考えてみてください。脇から見ると、年輪の断片が分かるかもしれません。この年輪の中心部、つまり幹の中心部に近いほうが裏に当たります。木材の表は木材の裹より外側にあるので、幹の中で若い部分に当たります。そのため、切り出してからの収縮が木材の裏より大きくなります。板材が反る場合には、木材の表が縮むように、木材の裏が伸びるような方向に反り返ります。

 

こうした木材の表と裏の存在やその違いがもたらす反り方を、自然素材を売り文句に掲げた住宅を手掛ける住宅会社がどの程度理解しているのか、疑問に思うような木材の使い方を目にすることがあるのです。

 

 

自然素材は正しく使う

壁の仕上げ材にも疑問を感じる場合があります。この手の住宅ではよく、壁を珪藻土で仕上げます。この珪藻土とは、多孔質の風合いと断熱性や調湿性といった機能とで人気のある塗り壁用の土の一種です。きちんと仕上げるには下地づくりが必要なうえ、塗りと乾燥の繰り返しが欠かせないことから、施工には手間の掛かる素材ともいえます。ところが、建築家が好んで利用するようになって一般にも広まると、人気に目をつけたメーカーが、施工に手間の掛からない珪藻土を売り出すようになりました。秘密は、接着剤です。その成分を混ぜることで、丹念に重ね塗りをしていかなくてもきれいに仕上がるような製品を開発したのです。
しかし、これを果たして、珪藻土と呼んでいいのでしょうか。自然素材とみなしていいのでしょうか。化学物質を前提にした製品である以上、違うと思います。確かな素材を、正しく使う自然素材の利用を考えるのであれば、それが最低限求められます。素材の確かさ、使い方の確かさ、そこにしっかり目を向けることで、本物か否かを見極める必要があります。

 

 

内装こそ自然素材

無垢の木、漆喰、石や上など、自然素材を使うことが基本である。これは、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造のいずれの工法にも当てはまる。また、病院、教育施設、マンションなど、大規模建築の室内に自然素材を使うことも重要であり、ニー世紀の建築の新しい方向といえる。

 

 

@ドア枠、窓枠、幅木、回り縁などの造作材。こういった所に使う素材が無垢材か張りものかで、本物の家かそうでないかが分かれる。ヒバやタモの無垢材は、建物の品格を上げる。

 

A床材はタモ、ナラ、ヒノキ、青森ヒバ、カリン、チークの無垢フローリング。集成材では無垢とはいえない。本物の木を使うと、足への感触が素晴らしく気持ち良いし、使うほど味わいが出てくる。本物とはそういうものである。

 

B階段の段板はタモ、ナラ、ヒノキ、青森ヒバ。惻板も蹴込板も、タモ、ヒバなどの無垢材。ここに無垢の木を使い、しかも材種にこだわる設計者や施工会社はほとんどない。良くても集成材である。だからあえて無垢を勧めたい。

 

C和室の見える柱(化粧柱)は当然、

 

このこだわりの仕様を、他との比較検討の材料にしていただければと思う。しかし、どうしてもまだ合板を使わざるをえない場合があり、すべて無垢という意味では、これでもまだ完全ではない。タイル張りの下地に無垢の木を使うと、タイルが割れることがある。床暖房が入る場合、無垢のフローリングの下地には、伸縮を少なくするために合板を使うことがある。防水工事の下張りにも、伸び縮みの少ない建材を使う必要がある。さらに木造3階建てには、耐震性を考えて、建築基準法上、構造補強材として構造用合板を使わざるをえない。また、予算上すべての建具を無垢の木で作るわけにはいかない場合もある。


 このエントリーをはてなブックマークに追加