値引き交渉が過ぎると・・・・「欠陥住宅」になる!?

アエラの危険な値引き交渉術 
アエラホームの「値引き交渉が最もスムーズに進む時期」、そして「最も大きな金額の値引きが狙える時期」をご紹介しました。更には、「一番効果的な値引き交渉の方法」も非常に参考になるのではないでしょうか?

 

しかし

 

アエラホーム「クラージュ」の値引き交渉において、これだけは注意して欲しい点が一つあります。

 

 

注文住宅は長いお付き合い! 過剰な値引きの要求は禁物!!

それは過剰な値引きの要求、常識はずれの金額の要求はしてはならないということです。物事には限界があります。ハウスメーカーとのお付き合いは、とても長いものとなります。契約から竣工までも半年から1年、その後のアフターサービスやメンテナンスを含めると、20年〜30年というとても長いお付き合いになるのです。契約交渉時に法外な値引き金額の要求や、強引な値引き交渉、過剰な要求は、非常に相手方の心象を悪くします。その後のお付き合いに響いてくるのです。値引きは多い方が嬉しいですが、そこには程度というもがあります。常識範囲内での値引き交渉を心がけましょう。

 

 

値引きの常識範囲内とは?【ハウスメーカー】【交渉の限界】

では、常識範囲内の節度ある値引き交渉の金額とはいくらなのでしょうか?

 

値引きの上限 住宅

一般的にハウスメーカーが行える値引きのは、見積もり金額の3%から7%だと言われています。アエラホームのような、どちらかと言うとリーズナブルな価格がウリのハウスメーカーでは、徹底的なコストカットが行われているので、実際に値引きができる範囲は非常に小さくなっています。現実的にはアエラホームでは5%くらいが上限ではないでしょうか。他のハウスメーカーも含め、上記の範囲内が常識的な値引きの金額と言えるでしょう。それを超えての要求は、やはり相手方の心象を非常に悪くするでしょう。しかし仮に、このような範囲を超えるような大きな金額の値引きが実現したとしても、実は大きなリスクもあるのです。

 

※見積もりを使った簡単値引き交渉術!!

 

 

値引きをしてもらっても、「手抜き工事」「欠陥住宅」では意味がない!!

常識範囲を超える、法外な値引きが実現しても、そこには大きなリスクが潜んでいるのです。

 

ハウスメーカーは家を作るプロです。予算の範囲内で家を建てることが出来るのです。もちろん契約書の内容と異なる部材や建材を使ったり、仕様や構造を変えるということはしないでしょうが、大きな値引きを行った場合は、あらゆる手を使ってコストカットを行なってくるでしょう。

 

欠陥住宅のチェック

すぐに考えつくのが、工費の削減・コストカットです。工賃や施工費が安い職人や施工業者、下請けを使って工費を削るのです。施工費が低い職人が工事を行えば、仕事の質が下がるのは必然です。通常、使っている業者よりも施工のクオリティーは明らかに下がります。下がる程度なら良いのですが、場合によっては「手抜き工事」になりかねません。そしてひどい場合には「欠陥住宅」も考えられるのです。決してアエラホームで値引き交渉をすると「手抜き工事」「欠陥住宅」になると言っているのではありません。度を越える、法外な値引きの要求は危険なことだと言っているのです。

 

 

・値引き交渉は常識範囲内で行いましょう。

 

・ハウスメーカーとは長いお付き合いになります。

 

 

※アエラホーム「クラージュ」の口コミ!!

 このエントリーをはてなブックマークに追加