図面の見方 わかっていますか?

図面の質

 

設計図面で家づくりが決まる

図面を知る

 

注文住宅の図面は見方がわからない!!読めない!!理解できない!!と、いう方が大半です。しかし、設計図面に書かれている内容が、家づくりの基本になります。図面と言いうものは取っつきに くい内容ですが、知っていると必ず役に立つ知識です。重要な部分を中心に紹介していきます。

 

平面図や断面図などの図面や、図面では あらわしきれない工事内容を補足した仕様書や仕上表、見積書や工程表などの全体を 「設計図書」といいます。施主の意向を整 理し、工事を実施する人に作業内容を指示する大事な書類です。また、建築確認申請や住宅金融公庫の申し込みにも所定の設計 図書が必要です。設計図は打ち合わせやプランニングが進むにつれ、さらに詳しく描かれます。基本設計の段階では平面図を中心に全体イメージをつかむ図面が示されますが、ここでは基本的な間取りを確認し、設計家に家族が理想とするライフスタイルを理解してもらうようにします。使用部材などについても要望があればきちんと伝えておきましょう。実施計画後に大きな手直しをすると、追加の設計料を請求され ることもあるので注意しましょう。

 

★チェックポイント

●建築確認申請や住宅金融公庫の申し込みには所定の設計図書が必要

 

●設計図は全体のイメージをつかむためにきちんとチェックを、要望が反映さ  れているか確認する

 

●設計図書を理解しながら設計家と打ち合わせ、疑問があればそのつど解決し  ながら進める

 

●確認後に施主の都合で大幅な変更があるとやり直しの設計料を請求されることがあるので注意

 

 

設計図書の種類と見方を知ろう

図面の見方

 

設計についてチェックするには、設計図書を入手することが前提となります。我々も物件チェックでは、設計図書の確認から入ります。土地を用意し一戸建てを建てる場合や、建築条件付き宅地に二戸建てを建てる場合は、施主として設計図書を必ず日にするはずです。建売住宅の場合でも、要求すれば売主である不動産会社などに設計図書を見せてもらうことは可能なはずです。

 

設計図書というと、素人にはわかりにくいし、またわかる必要もないと思っている人が多いかもしれません。しかし、もともと発注者の希望や要求を反映した図面を作成し、それをもとに工事が行なわれます。設計図書こそ建物の間取りや構造、材料、さらには家族の暮らし方まで左右するベースになるものなのです。自分では希望条件や要望を十分設計者に伝えてあると思っていても、それが図面の上に具体的に表現されているかどうかはわかりません。出来上がったあとになって、「イメLンと違った」「思っていたような住み心地が得られない」などと後悔しないためには、施主あるいは買主としても設計図書そのものを見て、問題点がないかどうか確認する必要があるのです。さらに、工事をチェックする場合も、設計図書と照らし合わせることが大切です。設計図書の大まかな種類と概要がわかってくると、物件チェックが楽しくなってくるはずです。

 

「敷地配置図」でわかる建物の位置や敷地高低差

設計図書のうち、重要なものについて少し説明しましょう。「敷地配置図」には、建物やカーポートの位置が表示されています。単にイメージ的に見るのではなく、建物の外壁から隣地や前面道路までの距離がどれくらいか数字で確認し、プライバシーなどとの関係から問題ないかチェックしましょう。物置、庭などについても、幅、奥行きを確認します。

 

敷地配置図では、敷地の高低差もわかります。通常、前而道路の側溝部分などに「BM」(べンチマーク)といラ表記があります。これは土地の高さの基準点のことで、図面中の「+」や「−」の付いた数字は、BMとの高低差を表したものです。たとえば「+50」の地点はBMより50四、つまり5m高いという意味です。ベンチマークは建物の高さを表す基準ともなります。断而図などには「GL」(グラウンドレベル)と表記された線があり、これがベンチマークの高さと同じになります。配置図には方角も記入されています。通常、上が北になるように描かれていますが、なかには下が北になっている場合もあるので注意してください。

 

基礎をチェックするには「基礎伏図」

建物を支える基礎をチェックするには、「基礎伏図」を見ます。これは、基礎を上から見た図面で、基礎の種類(布基礎かべ夕基礎か)、その形状、鉄筋の太さと配筋間隔、アンカーボルトやホールダウン金物の位置、柱の種類と位置などが記入されています。斜めの3本線が床下全体にいくつかあるのがわかります。斜め3本線はコンクリートの印で、べ夕基礎を示しています。また、「+」の印は床を支える束(つか)の位置を示しています。枠の二重線になった所が立ち上がり部分で、「・」がアンカーボルトの位置を示しています。アンカーボルトの配置の間隔は、2階建てでは2・7m以内が標準とされますが、実際には2m以内が安心です。所々「(t)」になっているのは、ホールダウン金物です。大きな「図」の印は床下点検囗です。床下点検囗の設置は法律上の義務ではありませんが、将来の点検や補修を考えればぜひ設けておくべきです。基礎関係でもう一つ見てほしいのが、基礎断面図です。Dと@を組み合わせた数字がありますが、Dは鉄筋の太さ、@は鉄筋の間隔(mm)を示しています。「D13@150」なら13mm径の鉄筋を150mm間隔で配筋するということです。

 

「平面図」は現場で付き合わせチェックを

 設計図書の中でも、「各階平面図」には最も多くの情報が書き込まれています。しかも、書き方や書き込まれている情報が会社、設計者によって違ったりするので、すべてを読み取るのは我々でも大変です。そんななかでも、ぜひ注目してほしいのが建物の耐震性を支える「通し柱」です。左の例では、やや見にくいですが「●」のマークで示されています。四隅などにちゃんとあるかチェックしましょう。平面図でもう一つ見ていただきたいのが筋かいです。『▲』で示されており、底辺側か根元(頂点側か上)になっていることを示します。また、』とぺが向かい合っている箇所は筋かいがたすきがけになっていることを示しています。筋かいは何十本も入れるので、時々忘れることがあります。入れ忘れがないかチェックするには、平面図と施工途中の現場を照らし合わせながら確認することが必要です。

 

そのほか、部屋の配置はこれでいいか、各部屋の戸の種類、開く向きは適切か、収納スペースが適切に確保されているか、キッチンに食器棚、冷蔵庫などは置けるか、ダイニングに食嘔やイスは置けるか、といったことも平面図で確認しまし。よう。

 

 

設計図面の見方を知って住宅のイメージを!!

図面のイメージ

設計図面は住まいの工法や規模によって、種類や枚数か変わってきますが、おおよそ下の表に挙げた図面が設計者から施工業者に提出されます。この中で建主が確認すべきものは、家の間取りやデザイン、各設備について分かる図面です。次のページから図面のチェックポイントを解説していきます。

 

家は設計図面の通りに施工されるため、図面に誤りやイメージとの齟齬があると、出来上がりも異なるものになってしまいます。設計図は専門的で分かりにくいかもしれませんが、質問をしながらでも、疑問点や直してほしいところはしっかり伝えましょう。工事が始まり、設備や部材がそろってからでは手遅れに。十分に検討して、納得のいく図面に仕上げましよう。

 

 

建物の輪郭と生活環境が見えてくる!!

真上から見て、家が敷地のどこに配置されているのかを表したのが配置図です。実際に敷地に立って、歩きながら見ると分かりやすくなります。配置図には方位か示され、敷地と建物の寸法、道路からの距離、隣地から壁面までの距離などが書かれています。これらの数値が、建べい率や道路との関係など、建築基準法の規定をクリアしていることが絶対条件です。道路を基準とした高低差も書き込まれているので、無理のないアプローチであるかも確認できます。隣地との高低差は日照にも関係するので、十分検討しましよう。

 

立面図は、建物の外観を東西南北から見たものです。この図面を見れば、建物や屋根の形、材質など外観が示されています。開口部の位置も分かるので方角と合わせて、日当たりや通風などの状況も忘れずに見ておきましよう。

※公式HPから資料請求をするな!!

※営業電話がかかってこない「資料請求」

 

 

部屋の構成や生活の動線が見えてくる!!

間取り図とも呼ばれる平面図は、もっとも重要な図面のひとつです。平面図には2種類あり、配置図と兼用することもある縮尺100分の1の「平面図」と、工事に必要な実施設計図面となる縮尺50分の1「平面詳細図」があります。ここでは、打ち合わせに通常用いられる「平面詳細図」を平面図として解説しています。

 

平面図からは、建物の広さや部屋の配置、開口部、水回りの位置などのほか、柱や筋かい、耐力壁の位置といった構造についても読み取ることができます。どこに何を取り付け、どんな仕上げにするのかが明確に記されているので、住まいのイメージがわきやすい図面です。基本的に床面から高さ1m程度の位置で水平に切った断面を描いています。

 

平面図をチェックするときのポイントは、部屋の配置、部屋の広さ、動線、開口部の位置と大きさ、収納スペースの5つです。これらを中心に図面の内容を検討します。テーブタやソファ、ベッドなどの大型家具や電化製品も点線で描かれているので、部屋に置いたときの大きさや使い勝手を見直してみましよう。動線も玄関から、洗濯機から、とシーンを変えてみて。生活に不便なところがないか想像してみると、必要なものや無駄なものが見えてきます。展開図は各部屋の壁面を1面ずつ表した図で、内部の様子や空間が分かります。1つの部屋について、北から西へ時計回りに描かれるのが一般的です。平面図からは読み取れない高さや位置関係など室内の仕上がり状況を確認できます。取り付けた機器が使いやすい高さにあるか、窓の高さ、建具の高さ、棚の位置、カーテンボックスなどです。さらに、手持ちの家具道具を入れても十分なスペースかあるかなどもチェックしましよう。平面図と合わせて考えると、より多くの情報か読み取れます。

 

 

工事に必須の情報断面詳細図とも!!

矩計図は建物の詳細な情報を書き込んだ垂直断面図で、これを見れば各部の外壁の高さも分かります。断面図では部屋の区分や天井や出入り口の高さなどか示されます。矩計図では基礎から軒先までを合む主要な外壁部分の納まりや寸法などを細かく記入し、各部の高さ関係や仕上げ材、開口部の納まり、断熱材をどうするかなど、施工に必要な情報が細かに書き込まれています。切断箇所は屋根の勾配の表れる方向が一般的で、その建物をもっとも表現できる面が選ばれます。木来は断面すべてを表しますが、一部分(外壁の中心線から室内側ヘ1m程度の範囲が多い)だけでも構いません。昔は平面図とこの矩計図の2枚で家を建てたと言われるほど、施工者にとって重要な図面です。

 

 

 

--- 図面を理解する努力をしよう!! ----------------------

配置図で 建物の位置をチェック

配置図は敷地内の建築物の位置を示す図書です。敷地を真上から見た時の様子を水平面で描きます。建物内部の細かい情報は 省かれて、周辺道路や隣地との位置関係が 正確な寸法で分かるようにしてあります。特に建物周囲のスペースをよく見ておきましょう。出入り口のドアはきちんと開くか、人の出入りや、電気、水道の検針など に不便はないか、隣家や道路との関係でプライバシーが十分確保されているかなどが チェックするポイントです。

 

立面図で外観をチェック

立面図は建物の外観をあらわしたものです。立面図には横から見た垂直面の様子が 描かれており、東西南北の4面の図を作ることで、建物をまわりから見た時の様子が すべて分かるようになっています。  図面例はそのうちの2面。玄関のある南側正面と家全体の高さの寸法が記入されている西側です。屋根の形や材質、外壁の材 質などのイメージ、外から見た出入口や窓の位置などが分かります。材質の詳細は外 部仕上表を参照しながらチェックをしましょう。

 

平面図で部屋や仕切り方、配置をチェック

平面図は私たちにいちばんなじみのある間取り図を、正確な寸法で詳細に記した図面です。各階ごとに建物を水平面で切断し、真上から見た状態を描きます。図面内の説明には記号が多数使われますが、表示記号の例を下の表に整理したので参考にしてください。

 

プランを煮詰める段階で、まず気になるのが部屋の配置でしょう。平面図はプランニングの早い段階から示されるので、家族の意見を整理しながら時間をかけて検討しましょう。間取りの構成や各部屋の広さの検討に加え、家を支える柱や壁が十分に配されているか、構造面にも注意を払いましょう。また、図面の外に細かく記されている寸法にもよく目を通し、廊下や階段の幅は適正か、ドアの開きに不便はないか、収納や家具を置く場所は十分かなど、機能面のチェックも確実にしましょう。

 

展開図で各部屋の内側をチェック

展開図は、各部屋ごとに内壁の仕上がった状態を示したものです。部屋の中央に立って見渡した時の4面が、時計まわりの順番で、横並びに描かれます。ちょうど紙で作った立体模型を、元の平面にのばしたような図です。

 

展開図を見る時は、訪問する人の気持ちになって、室内に入った時に内部がどのように見えるかを考えてみるとよいでしょう。また、チェックポイントにあげたように、リビング以外でも浴室やトイレ、階段などの手すりの高さについても、確認しておくことが大事です。

 

矩計図で各部の断面をチェック

建物を垂直面で切り、各室の床高、天井 高、階高、軒高など高さの寸法を示したものを断面図といいます。この断面図の一種 で、建物の外壁や窓などがある標準的な場所について、基礎から屋根までを通して描き、詳細な寸法を書き入れたものを矩計図 といいます。住宅金融公庫の設計審査を受けるには、矩計図を必ず提出することになっているので、 断面図は作らないことがあっても、矩計図は必ず作成されます。矩計図はかなり複雑に 記載されますが、基礎の高さや床下の防湿 処理、外壁の断面構造、断熱材の厚さや配置、根太や床に使われる部材の寸法、補強金物の種類や位置など、建築の構造に重要な情報が書き込まれています。平面図と並んで情報量も多く、重要な図面といっても よいでしょう。断熱材の品質、厚さ、配置などは、実際に住んだ時の快適さに影響します。また、住宅金融公庫で省エネルギー住宅として、基準金利や割増し融資の適用を受ける場合には、この矩計図などでチェックされるので、製品名や厚さなどがきちんと明示されているかをしっかりと確認しておきましょう。基礎高の寸法に ついても、基礎伏図に添えられた基礎詳細図などとずれがないかを確認します。

 

また、天井高などの寸法はどうか、窓や出窓の高さは希望通りか、ピアノなどの重いものを置くことが十分に配慮された床の 構造になっているかなども重要なチェックポイントです。図面の記載事項は、専門的な用語で書かれているので、分からないところが あったら必ず質問して確認しましょう。

 

伏図で床下や小屋裏などをチェック

伏図は階ごとに、床などを取り払ってその下の水平な構造を描いた図です。基礎を示す基礎伏図、土台とアンカーボルトの位置などを示す上台伏図、1階床を支える土台、人引、根太、火打ち土台などを示す1階床伏図、2階床を支える梁、胴差、根太、火打ち梁などを示す2階床伏図、屋根の下の小屋組の構造を平面的にあらわす小屋伏図、屋根を真上から見た屋根伏図などがあります。こうした水平面の図面を、断面の詳細図である矩計図と照らし合わせながら構造を確認しましょう。掲載図面は基礎伏図の例です。この住宅ではべた基礎と無筋慕礎を使っていますが、束石の上に束を立て、その上に大引をかける工法で束石の位置も示されます。

 

仕上表・設備図のチェック

仕上表には、建物外部の仕上げに使う材料や塗装法などを 一覧表にした外部仕上表、室内の仕上げ材料や塗装法などを見やすく一覧にした内部仕上表などがあります。一般的には、床、壁、天井ごとに具体的な処理法や製品名が記されています。設備関係の図面としては、電気設備図や給排水設備図などがあります。平面図をベースに配線、配管の具体的位置を示したものです。また、給水、給湯、排水、衛生設備などの配置、配管経路などを詳細に記したものが給排水設備図です。水栓や排水囗が適正な位置にあるか、排水管の経路にムダはいか、きちんと流れるか、寝室横の配管などの防音対策は きちんとしているかなどを確認しましょう。

 

 

仕様書はとっても重要

仕様書といってもピンとこない方が多いのではないでしょうか。しかし、欧米では「スペック」と呼ばれてとても重要視されています。例えばみなさんがスーパーで食材を購入するとします。お米などは○○産のコシヒカリだ、なんて表示を見て購入の目安にします。住宅の建築も同じで、松材といっても古松なのか、日本松なのか、黒松、赤松なのか、JAS規格に適合しているのかいないのか、含水率の表示があるのかないのか、材ひとつをとってみても非常に多くの要素があるのです。これを明確にするのが仕様書なのです。これらが表示されていないと、仕様があっているのかどうか判断することはできないのです。見積り書の表示と図面の仕様書に矛盾があるかどうかも分からなくなってしまうのです。したがって、仕様書はとても重要なのです。

 

注文住宅の図面は努力すれば読めるようになります。見方がわからないと言わずに、少し勉強してみましょう。

 

 

「仕様書」で判撕できるに仕上げの良し悪し

図面の問題点

 

屋根や外壁、サッシ、玄関ドアといった外部仕上げや、室内ドア、フローリングなどの内部仕上げについても「仕様書」や「仕上表」から確認することができます。「建築条件付き」の場合、大抵は売主(業者)が選定した建材の中から買い手が好みのものを選ぶ場合が多いようですが、必ずどんな材料を使うのか、カタログやパンフレットで確認しましよう。また、その際に、どの程度の選択幅があるのかの確認も大切です。たとえば、外壁材として良く使われるサイディングにも、実際はピンからキリまであります。住宅の意匠性・耐久性を左右する部分ですから、こういった材料についてもすべてカタログを借りて確認するぐらいの気持ちが必要です。

 

どうしても材料を変更したい場合は、「差額はどのくらいか?」といった事を売主(業者)に確認しましよう。「建築条件付き宅地」の場合、注文住宅とは異なりますから、標準仕様から選ぶ方が安くなる場合が多いようですが、金額(差額)によっては一度検討してみることをお勧めします。また、「仕様書」や「仕上表」には、給排水や電気設備類についても記載されていますので、そちらも確認をしましょう。コンセントや給水箇所数などは、生活に直結する部分ですから、シビアにチェックしましよう。 
なお、電気コンセントや電話の配線口などを増やす場合は、1ヶ所増設でどの程度の費用になるのかも売主(業者)に確かめましよう。最近ではLAN配線などを依頼する場合が増えていますが、標準仕様では入っていない場合がほとんどです。これらの追加費用が「どの程度になるのか?」といった金額の確認も不可欠です。

 

 

設計図書を用意しない業者は悪意があると思え

建物が建つために必要な情報を何十枚にわたる図面に記載したものを設計図書といいます。図面がなければ家は建ちません。それくらい重要なものです。
ところが、業者のなかには「図面はありません」と言ってくるところもあります。それはあり得ないことです。単に、買い主に出せないというだけのことで、実際には必ずあるはずです。図面を公表できないということは、何らかの悪意があると考えて間違いありません。設計図書を求めても、用意しない不届きな業者とは契約しないことです。といっても、素人は図面をもらったところでなかなかわかりませんから、後述する第三者機関をうまく使って図面チェックをしてもらいましょう。

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加