家づくりの情報収集はネットが一番なのか?

情報収集の良しあし

自分たちの目的に合う情報収集を選ぶ!

さて、これまでは「マイホーム購入までに考えておくべきこと」について、色々とご説明してきました。では、その情報はどこから得るのか?今回のコラムは、その情報収集のやり方についてご説明さえていただきます。

 

自分たちの目的物件に合わせて情報収集する媒体を選択する住宅・土地の情報というのは、情報誌やチラシ、不動産業者などから手に入れることができます。ですが、これらすべての情報に目を通すことは現実的に不可能です。また、仮にできたとしてもその中に自分たちの希望に合った物件が必ずあるとは限りません。「物件の数は多いけれど、最新の情報ではない」「情報の正確性等はあるが、エリアがかなり限定される」「新築建売の物件しか取り扱いがない」など、それぞれに紹介物件の得意不得意があります。ですので、この情報収集の段階で、時間と労力をとられてしまうという人は少なくありません。自分たちの目的とする物件に合致した媒体がどういたものなのかを知り、関係のない情報に左右されることがないよう、効率よく物件探しができるようになりましょう。

 

 

家づくりの情報収集媒体について

 

住宅情報誌

【特徴】

書店で販売されているものや、駅などに設置されているフリーペーパーなどがこれに当たります。物件の情報量が多く、エリア内での価格の比較が可能で、業界の動向記事や、購入者の体験談など1冊でマイホーム購入のための基本的な情報を手に入れることが可能です。ただし、最新物件の情報は少ない(もしくはない)場合が多いでしょう。

 

【おススメの方】

・住宅に関する基本的な予備知識を知っておきたい人
・住宅の実例や購入者の体験談などを知りたい人

 

 

チラシ広告

【特徴】

新聞の折込チラシやポストインのチラシ広告など、中古物件から最新物件、マンションや建売りの情報までさまざまな情報があります。新聞折り込みなどは定期的に入ってくるので、長い期間紹介されていてなかなか売れていない物件の情報等をチェックすることができます。ただし、エリアが限定されているため紹介物件の件数自体は少ない傾向にあります。

 

【おススメの方】

・現在住んでいる地域の周辺で物件を探している人

 

 

 

「不動産業者の情報」と「住宅関連会社の会報誌」についてご説明します。

不動産業者の情報

【特徴】

地域密着型の不動産業者や大手不動産業者の地域支店などがあたります。地域密着型の業者であれば、地元の中古物件に強く、大手の地域支店であれば地域内でも大き目の土地や建物などを取扱いしているケースが多いです。自分の希望条件をあらかじめ伝えておいて、電話やファックスなどで知らせてもらうのが一般的です。

 

【おススメの方】

・住みたいエリアがすでに決まっている人
・不動産業者の担当者から、アドバイスを受けながら物件を探したい人

 

 

 

住宅関連会社の会報誌
【特徴】

ハウスメーカーや大手不動産会社が会員向けに発行をしている定期刊行冊子です。ほとんどのところは無料で入会できる場合が多いので、自分の気に入った会社の会員になっておくと、大規模開発の新築分譲などの最新情報を素早く手に入れることができます。住宅の実例紹介や、ライフスタイルに関連した記事などもあり、楽しむことができます。

 

【おススメの方】

・気に入ったハウスメーカーや業者のいる人
・新築の分譲マンションや建売住宅を探している人

 

 

 

 

 

「モデルルーム」「オープンハウス」

モデルハウス・モデルルーム

【特徴】

住宅展示場のモデルハウスや新築マンションのモデルルームです。実際に家具など必要な物がすべて整えられた状態で、住宅の様子を自分の目で見ることができるのが魅力です。しかし、設置されている家具や設備は最高グレードのものを使用していることがほとんどなので、見たままものをそのまま作ろうとするとかなりの費用が必要になります。なので、参考にする程度の考えで行くのが良いでしょう。

 

【おススメの方】

・実際に住まいを体験しておきたい人
・最新設備や流行の間取りを体験したい人

 

 

オープンハウス・オープンルーム

【特徴】

建売物件などすでに完成している物件や、中古の物件の内覧会のことです。状況によっては、実際に人が住んでいる状態の住宅を見ることができるので、より自分たちの生活スタイルに合っているのかどうかを体験できます。基本的に、予約が必要であったり、期間限定でのオープンなどが多いです。

 

【おススメの方】

・建売住宅・もしくは中古物件を探している人

 

 

 

「インターネット」と「家づくりの情報センター」についてです。

インターネット

【特徴】

現在、様々なサイトがあり、その分物件情報は膨大な量あるので、「エリア」や「価格帯」「住宅の仕様」などいろいろな面での比較が可能です。また、物件の情報だけではなく住宅の購入に必要な基礎知識を学ぶことができるなど情報量の多さと手軽さが魅力です。しかし、膨大な量の情報から自分の希望に合う家を見つけることに時間がかかる場合があります。閲覧するサイトの状況によっては、更新が止まっていて古い情報しかない場合があるので、注意が必要です。

 

【おススメの方】

・手軽にいろいろな情報を集めたい人
・まずは、住宅に関する様々な事を勉強してみたい人

 

 

家づくりの情報センター

【特徴】

家づくりに関するいろいろな情報を提供しているセンターです。建築家の作品を閲覧できたり、提供している業者の紹介などを行ってくれるセンターもあります。また、セミナーやイベントを定期的に行っているところもあります。

 

【おススメの方】

・建築家に依頼をし注文住宅を建てたい人
・アドバイスや相談をしながら家づくりをしていきたい人

 

いかがでしたでしょうか。情報を集めるといってもこれだけの情報媒体があります。実際譲歩を集めようと思ってはみたもののどこかたどんな情報を集めたらいいのかわからない。という方も多くいらっしゃいます。ですので、このコラムを参考にしていただいて、家づくりにお役立ていただけたら、大変うれしく思います!


 このエントリーをはてなブックマークに追加