購入するなら、新築住宅が良いのか?中古住宅が良いのか?

マイホームは建売か新築か

購入するなら、新築住宅か中古住宅か

今回は新築の方がよいのか中古のほうがよいのかについてです!

 

だいたいのお客様は、新築で建てるという頭になられているのでないでしょうか。家を購入するとなると、やはり新築でキレイな家がいいと思われるのは当然ですから、当たり前といえば当たり前です。でも、実は中古物件を選んだほうが得をする場合もあるのです!

 

 

快適さ、地域性、価格など総合的に考えるべき!!

先ほども言いましたが、マイホームは新築で!と考えておられる方がほとんどだと思います。しかし、最近ではテレビ番組等の影響もあり、中古で安く購入した物件をリフォームして住もうと考えておられる方も増えてきています。一般的に言われているのが、住宅の価値は約20年ほどでゼロとなるとされています。ですので、中古物件を選ぶと新築に比べて20%〜50%ほど安く購入することができるのです。また、中古物件の利点は、新しく土地が出てきにくい地域でも比較的簡単に家を探すことができるという点があります。

 

一方、新築物件の場合は最初から床暖房やオール電化などの最新設備が備わっている場合が多く、快適さという面では新築物件の方が良いといえます。また、中古物件を購入する時よりもローンを長く組むことができたり、住宅ローンの控除など税金の面で優遇を受けることができたりと多くのメリットがあります。ですので、一概にどちらが良いというものではなく、自分たちの予算やマイホームに対する考え方の選択肢として「新築」「中古」ということも頭に入れて考えれることをお勧めします。

 

※公式HPから資料請求をするな!!

※営業電話がかかってこない!!資料請求!!

 

 

新築・中古のメリット、デメリット

上では、新築物件と中古物件のどちらを選ぶべきなのか考慮してマイホームを購入することをお勧めしました。ですので、これからはメリット・デメリットを簡潔にお教えします!

 

新築物件のメリット
内装・外装のデザインや設備などに対して自分たちの希望をある程度反映できる
メンテナンスにかかる費用が中古物件に比べて低い
最新設備があらかじめ備わっている
長期のローンを組むことができる
資産価値が中古物件よりも高い

 

 

一戸建てのデメリット
購入金額が中古物件よりも高い
エアコンや照明器具などの付帯設備の費用が別で必要になる
郊外の開発地や狭い土地の物件が中心となってしまう
注文住宅の場合は、長い時間と大変な労力が必要

 

 

中古物件のメリット
新築物件に比べて安い
リフォームを行えば新築より安く同じくらい快適な家を手に入れることができる
エアコンなどの付帯設備があらかじめ備わっている
日当たりや風通しを確認することができる
過去の修繕歴などから管理状況等を確認してから購入できる

 

 

一戸建てのデメリット
場合によっては、建て替えの際に住宅の大きさが今より小さくなる場合がある(もしくは、建て替えができない可能性がある)
新築と比較するとローン期間を短く設定されてしまうことがある
メンテナンスにかかる費用が高い
仲介の手数料が必要になる

 

いかがでしょうか。こちらに載せているのはあくまで一例ですが、これらの情報を参考にしてマイホームを探してみてはいかがでしょうか。

 

※ハウスメーカーが値引きをする時期

※アエラホームの坪単価!!


 このエントリーをはてなブックマークに追加