注文住宅にするか、建売住宅にするのか

マイホームは建売

 

「注文住宅」と「建売住宅」

ここでは一戸建ての住宅を購入する場合に、注文住宅が良いのか建売住宅が良いのかについて解説いたします。自分たちの理想を形にするのか、建物を見て判断をするのか?家を建てることを想像すると、みなさん自分たちで間取りや外観・内観を決める注文住宅を想像されるのではないでしょうか。しかし、一戸建てマイホームの購入の場合建売住宅というすでに、完成していいる住宅を購入するという形もあることを知っておきましょう。

 

注文住宅は、すべてとはいきませんが自分たちの生活スタイルや理想を反映させて建設することができます。すでに、自分の土地がある場合や譲れない理想の家のイメージ像がある場合は、注文住宅で一から建てていくほうがよいでしょう。一方で建売住宅の場合は、すでに家屋は完成している状態なのでその家の間取りに合わせて生活をしていく必要があります。しかし、その分土地探しも自分たちで行わなければならないケースでは割安の土地が見つけやすく、購入前に物件の確認を行うこともできます。引越しの日程に限りがある場合やでも、比較的短期間で入居することが可能です。簡単にでしたが、注文住宅と建売住宅のご説明をさせていただきました。いかがでしょう?自分たちの暮らし方を考えるとどちらのほうが適しているのか、一度じっくり考えてみることも大事なのではないでしょうか。

 

 

注文住宅と建売住宅のメリットとデメリット

注文住宅と建売住宅のメリットとデメリットを簡単にご紹介したいと思います。

注文住宅のメリット

外観・内観等を自分たちの好みのデザインにすることができる
建設時の工法や建材を選ぶことができる
生活スタイルに合わせて間取りをつくる事ができる
必要となる設備を選べる
業者を選ぶことができる

 

注文住宅のデメリット

打ち合わせなど時間と労力が必要になる
自分たちの個性を出しすぎると売却時に売却できない可能性がある
土地を探す場合時間と手間が必要になることがある
建物が完成するまで日当たりや、風通しなど確認できない

 

 

建売住宅のメリット

購入後すぐに入居できる
風通しや日当たりなど実際に体感することができる
間取りや設備などの使用感を確認することができる
完成しているので購入価格がはっきりとわかる
注文住宅よりも割安

 

建売住宅のデメリット

外観や内観が完全に自分の好みと一致するものを探すことが難しい
施工中の確認などができないため、欠陥住宅を購入してしまう可能性がある
自分たちが必要な設備があらかじめ組み込むことができない
生活スタイルに合わせた間取りや設備の物件を見つけることが難しい

 

いかがでしょうか。こちらに載せているのはあくまで一例ですが、自分たちの場合はどちらを購入するほうがよいのか考えてみてください。


 このエントリーをはてなブックマークに追加