照明プラン

照明注文

 

家づくりの際に、ついつい後まわしにしてしまうのが照明プランです。しかし、どこにど んな照明を設置するかによって、部屋の雰囲気は大きくかわります。ここでは、部屋 別の照明プランや光源の違いなどを紹介していきます。

 

部屋のイメージで選ぶ照明器具

照明器具の種類には、シャンデリア、シーリング、ブラケット、フロアスタンドなどがあり、見た目だけでなく、光の届き方や明るさが異なります。照明プランを決めるには、こうした特徴を知り、各部屋にあ ったものを選ぶことが大切です。また最近 は、ひとつの部屋で複数の照明器具を組み 合わせる。室多灯プランが増えています。
勉強や作業のためのクリアなあかり、陰影に富むリビングやベッドルームのあかり。照明は数種類を組み合わせることで。多彩な表情をみせてくれます。ライフスタイルにあわせ適所適光のプランを。

 

 

目的に応じ「一室多灯」で部屋の表情を演出しよう!!

照明は、室内の中央に取り付け、部屋全体を照らす「全体照明」と、明りのほしい場所だけを浮かびあがらせる「部分照明」に分けることができます。キッチンの手元灯や書斎の読書灯、壁の絵画に当てるスポットライト、リビングの一隅をほんのり灯すスタンドなどが「部分照明」に該当するものです。さらに器具の形や取り付け位置も多種多様です。

 

照明プランとは、照明器具の特徴と効果を把握して、生活シーンにマッチした組み合わせを計画するものです。問取りがほぼ確定したら、照明器具のセレクトを始めましょう。各室とも、メインの照明にアクセントになるあかりを加えて陰影を演出する「一室多灯」が主流となっています。

 

また、光源は白熱灯、蛍光灯、LDE照明で明度と色味が変わります。機能重視か雰囲気重視か、目的に合わせて選びましょう。さらに、ベランダや縁側の軒先、勝手口、納戸や収納の中、洗濯機の上、防犯用の外部照明などは忘れがちなので確認しましょう。照明やスイッチの位置は、設備工事後に変更するのは困難。設備図面でしっかり確認し、現場で再確認しましょう。

 

 

寝室は光源が直接眼に入らないように!!

寝室では光源が直接眼に入らない位置にあかりを設置してください。間接光で天井や壁面を照らすと落ち付きます。ニュアンスのある読書灯やフロアスタンドも活用することをお勧めします。いずれも2ヵ所でオン・オフができる三路スイッチやリモコンに対応させ、枕元で点滅できるようにしましょう。深夜のトイレや地震などに備え、足元に常夜灯があると安心です。

 

 

リビングの照明プラン

 

低い位置のあかりでリラックス感を演出することが流行っています。人が安らぎを感じるのは、白熱灯のような赤昧がかった光を、やや暗めに、低い位置からともしたときです。とはいえリビングは来客をもてなす、家族でだんらんする、夫婦でくつろぐなど多目的な空間です。そのときどきの生活シーンで明るくも暗くもなる照明がベターです。高さの異なる照明を数タイプ組み合わせ、状況に応じて使い分けましょう。

 

 

サニタリーの照明プラン

 

清潔感とくつろぎ気分を両立がポイントです。バスタイムを楽しむには、浴室照明をリラックスできるあかりにしたいものです。白熱灯か電灯色の蛍光灯であたたかな印象になります。必ず防湿タイプを使い、あかりの位置は、中の人の影が窓に映らないよう配慮しましょう。洗面所やトイレは清潔感ある明るさが必要です。洗面台の前では、顔に影ができないよう、鐃の上部かサイドにミラーライトをつけましょう。

 

 

玄関アプローチの照明プラン

 

安全性重視の空間づくりが基本です。門灯、足元を照らすアプローチライト、ドア周りを明るくするポーチのあかりの3つを用意しましょう。人を温かく、そして安全に迎えてください。防湿か防雨タイプを選びましょう。このほか外部照明としては、庭やデッキ、テラスなどに上手に照明を当てると、屋外の活用の幅がぐんと広がります。またガーデンライトやスポットで植栽を照らすと、雰囲気がアップしましょう。

 

 

ダイニングの照明プラン

 

食事がおいしくみえる照明を心がけましょう。料理は目と舌で味わうものです。料理や食器の色やツヤ、陰影を美しく演出し、一段とおいしさがアップするのは白熱灯の温かなあかりです。吊夕イプのペンダントを使うとよいでしょう。テーブルから50〜80cmほどの、光が直接眼に入らない高さが目安です。大きなテーブルなら、小さいペンダントを等間隔で付けるのもおしゃれです。

 

 

リビングの照明プラン

 

家族でくつろいだりテレビを見たり、時にはお客さまをもてなしたりと、さまざまな使い方をするリビングは、シーンによって雰囲気をかえられる一室多灯プランにしましょう。全体を照らすシーリングライトをベースに、ダウンライトやブラケットなどの補助灯をプラスします。

 

 

廊下・階段の照明プラン

 

廊下や階段の照明は、安全に歩行できることに考慮します。特に階段には十分な光が必要です。ムラのない光が出るブラケットを、数力所に設置すれば安心です。照明器具の種類には、シャンデリア、シーリング、ブラケット、フロアスタンドなどがあり、見た目だけでなく、光の届き方や明るさが異なります。照明プランを決めるには、こうした特徴を知り、各部屋にあ ったものを選ぶことが大切です。また最近 は、ひとつの部屋で複数の照明器具を組み 合わせる。室多灯プランが増えています。

 

思わぬ事故を防ぐために、設置したいのが足元灯。高齢者がいる家ではなおのことです。階段の上り口や下り囗、廊下など、危ないと思われる場所には必ず設置しましょう。人が近づくと点灯し、離れると消滅する人感センサーつきなら、無駄な電力を消費しないので経済的です。

 

 

ダイニングの照明プラン

 

ダイニングの照明は、食事がおいしく見えることが第二テーブル用ペンダントは、光を拡散させるものではなく、直接当てるタイプを選びましょう。

 

 

反射率により明るさが変わる!!

その部屋に最適な明るさは、部屋の広さだけでなく、壁や家具などの色や素材によっても異なります。これは反射率の違いによるものです。内装材や家具の色は、自に近いほど反射率が高くなり、部屋が明るく見えます。逆に黒に近いほど反射率は低く、暗く見えます。また、タイルは高く、木は低いなど、反射率は素材によってもかわります。このため、濃い色の壁紙や畳、障子といった反射率の低い素材を使う和室では、洋室より明るい照明が必要です。

 

 

吹き抜け空間は工夫が必要!!

最近は吹き抜けを設ける家が増えていま す。吹き抜け空間の照明には、華やかなイメージや個性的なデザインの照明器具がマ ッチします。また、複数の照明を使うのも ひとつの方法ですが、空間の広さと照明器 具のバランスが人切なので、できればプロ に相談したいところです。

 

 

光の種類と効果を知る

光源の種類は白熱灯と蛍光灯のふたつに分かれ、それぞれ特徴があります。白熱灯の光はあたたかみがあり、ものを立体的に見せます。一方蛍光灯は、白っぽい光で、効率よく全体を照らします。また、白熱灯はランプ自体は安価ですが寿命が短い、蛍光灯は同じワット数では白熱灯より明るい、ランプの寿命が長いといったメリット、デメリットがあります。


 このエントリーをはてなブックマークに追加