予算オーバーしない家づくりの諸費用

家づくりの諸費用

 

■予算に応じてグレードを上手に選ぶ  

 

家のすべてにわたってこだわったプランにできれば問題はありませんが、現実にはなかなかそうもいきません。予算とのバランスを考えながら、お金をかけるところと、コストを抑えるところを検討することになるでしょう。予算オーバーを防ぐなら、プランニングの時に、自分にとっての優先順位をきちんと決めることが大切です。

 

まず構造部分は安易に「値切る」ことなく、耐久性・耐候性の高い素材や材料を使いましょう。そして、比較的ローコストになるプランも想定しておきましょう。家全体の形状では、シンプルスタイルの住まいが工事費を抑えます。そのうえで、こだわる点を検討しましょう。なかには玄関まわりは変化をつけたいという人もいるでしょう。外観はシンプルでいいので、リビングにこだわりたいという人もいるでしょう。そんななかで、例えば、ファミリースペースを允実させるかわりに子ども部屋の内装は低予算に仕上げるといった調整を行いましょう。大切なのは、家づくりは新築時で完成ではないこと、住みながらアレンジしていくことも考えて、適したプランを見つけましょう。予算オーバーしないように気を付けましょう。

 

 

工事請負契約を急ぐな!!キャンペーンに騙されるな!!

工事請負契約が間近になったら、もう一度、自分たちに適したプランができたかどうかを慎重に見直しておきましょう。というのは、契約後に変更したり、加えたりする工事は、基本的に追加請求になるからです。施工先がキャンペーン期間にあると、よく「今の期間に契約だけでもしておけば、費用がお得になります」といったキャンペーンの勧めもあるようですが、それに関しては慎重に対応しましょう。どんなに当初の予算がお得でも、きちんと納得しないまま契約し、あとから変更するようでは、かえって割高になる可能性があるからです。

 

 

 

変更工事は職人に頼むな!!メモや写真を残せ!!

見積もりで納得できる予算を決められれ ば、予算オーバー防止の第一段階はクリアと言えるでしょう。ですが、それはあくまでも第一段階です。しかし、工事が始まってからも危険はあります。多いのが追加、変更工事です。実際に家が形になると、「ここに棚がほしか った」とか「この材料は別のほうがよかった」といった部分が出てくるものです。やむを得ない変更をする場合でも、現場の職 人に直接指示をするのは避けましょう。これは、問題発生のもとです。快く引き受けてくれたとしても、作業の手間はともかく、費用のサービスまで引き 受けてくれるとは限りません。今の建築のシステムでは現場の職人に予算の全体を調整できる権限はないと考えたほうがよいでしょう。営業担当や現場監督など、予算に 責任を持てる人に相談しましょう。そして、必要に応じて見積書を出させるなどし、金額を確認してから発注します。後日のトラブ ルを避けるために、追加工事の打ち合わせ 内容も記録に残すことがとても大切です。不愉快な追 加請求を受けないように注意しましょう。

 

※ハウスメーカーが値引きをする時期

※アエラホームの坪単価!!

 

 

追加工事についての心構え

契約を急がされても、プランと予算 に納得できるまでは契約しない
やむを得ない追加工事は、予算面に責任を持てる担当者に相談
現場の職人に直接才旨示するのは禁物
施工先が引き受けた追加工事は、内容と予算をメモなどに残す
現場に足を運んでチェック!! 工期もチェック!!

 

 

工事の遅れも予算に大きな影響を与えます。建て替えなら、仮住まい費用や荷物の保管料が増えますし、今、賃貸住宅に住んでいるなら、引っ越し時期が遅れて家賃を払う期間が増えてしまいます。さらには、部材の保管は施工先の責任ですが、材料が傷んだりすると、さらなる工期の遅延が発生します。契約段階に工程表が示されるので、それを見て節日ごとには現場に足を運び、進行状況を確かめるようにしましょう。施主が現場に足を運ぶことが大切です。また、工事請負契約書には、工事の遅延に対する損害金や、建築中の家の管理責任などについての取り決めも載っているはずですので、きちんと目を通して確認しておきましょう。

 

 

坪単価と諸費用の落とし穴!!

家を建てるのに必要な費用の内訳はどのようになっているのでしょう。必要なコストは大きく分けで建築工事費と諸費用です。建築工事費とは、工務店やハウスメーカーなどの工事会社や設計事務所に支払う費用のことです。建築工事費は、直接、建物を建てるためにかかる費用=本体工事費と、別途工事費「設計料の3つに分けることができます。

 

よくパンフレットや広告などに表示されているのは本体工事費です。「3.3m(1坪)当たり50万円」などという表示はこの本体工事費を指している場合が多いようです。つまり、カタログや広告に掲載された価格だけでは家は建たないということ。別途工事費など、建物本体工事費に含まれない費用がかかります。

 

別途工事費は会社によって少しずつ内容が違ってきますが、一般的には左頁の「別途工事費の概要」の項目が含まれる場合が多いようです。こうしてみると、カタログに表示された価格以外に、家を建てるにはずいぶんお金がかかることに気づくでしょう。本体工事費は、家を建てるために必要な経費の約75%程度に過ぎないといわれています。

 

【別途工事費の概要】

項目 内容
既存建物の解体費 建替えの場合に必要となる費用。木造住宅解体では1u当たり1万円
地盤改良工事費 軟弱な地盤の強度を高める工事費用
外構工事費 隣地境のフェンスや門扉、植栽など、建物の外まわりの費用全般
照明器具工事費 各部屋の照明器具の工事費用。特に、リビング・ダイニングルーム、寝室などの照明器具は、通常、本体工事費に含まれず、別途工事になります。
カーテンエ事費 各部屋のカーテンやロールブラインドなどの工事費。カーテンレールやカーテンボックスなどの費用も含まれます
空調工事/特殊設備工事費 冷暖房機器の配管・取り付け工事や.床暖房、24時間換気システム、家庭内LANシステムなどの設備工事の費用
屋外電気工事費/屋外給排水衛生工事費 建物外部(敷地内)の配線・配管工事、門やアプローチ、庭、屋外駐車場などの電気工事や給排水衛生工事の費用
引込み工事費 上下水道や電話、CATV、通信回線などの引込み工事費

 

 

 

費用の支払い時期にも注意して資金計画

費用の支払い時期にも注意が必要です。工事費は通常、手付け金、中間金、 最終精算金などに分けて支払います。それ ぞれの時期に資金が不足すると、つなぎ融資を使うなどしてとてもムダな諸費用が発生します。支払い方法は工事請負契約書に細かく示され ますが、きちんと確かめ、ローンの実行時期との関連も整理しておきましょう。また、ロー ンの諸費用は融資金額と差し引くケースが いので、施工先に支払う分に不足が出な いように気をつけましょう。

 

家具や家電製品などの買い替え費用は?

意外に忘れがちなのが、家具や家電などの買い替え費用です。やはり、家を新しくすれば、身の回りの品も新しくしたいのが人情です。設計段階で使い続ける家具をセレクトして設計に反映させるケースもありますが、捨てるものについても、その後どうするのかをよく考えておくことが大切です。特に、建築様式やデザインにこだわる家なら、インテリアにもそれなりの金額の出費を見込んでおかなければなりません。 工程に合わせて、出費が発生する時期を整理し、自分できちんと管理しましょう。

 

 

★ チェックポイント ★

工事請負契約書で確認しておきたい点

●工事代金

●工事期間と引き渡し時期

●代金の支払い方法と回数

●工事中の管理責任や火災保険

●代金支払いの遅延と、工事遅延についての損害金の取り決め

●入居後欠陥がわかった場合の保証(瑕疵責任)など

 

 

登記とローン契約の際にかかる税金

不動産の購入や建築、相続、贈与などの際の登記や、住宅ローンを借り入れる際の抵当権設定登記に課税されるのが「登録免許税」です。中古マンションの購入の場合、建物の所有権が移転したことを明確にするための「建物所有権移転登記」と、土地に「所有権」のあるマンションの場合は「土地所有権移転登記」に登録免許税がかかります。住宅ローンを利用する場合は、抵当権(担保)が設定されるため、そのための登記に課税されます。

 

 

税額計算の基準は固定資産税評価額

建物と土地の登記にかかわる登録免許税の税額は、固定資産税評価額を基準に決められます。固定資産税評価額というのは売買価格よりも低く、土地は時価の5〜7割、建物は新築で6〜7割程度となっています。3年に1度の固定資産税評価額の評価替えが実施される年以外は前年と同じなので、土地の大幅な下落がない限り、前年の評価額をもとに計算されます。土地や建物の固定資産税評価額知りたいときは、各市町村で、固定資産税評 価額台帳を閲覧しましょう。

 

※公式HPから資料請求をするな!!

※営業電話がかかってこない!!資料請求!!

 

 

別途工事は意外に高価

コンセントの追加などを追加工事と呼ぶのに対し、フェンスや門扉などの外構工事は、俗に別途工事と呼ばれています。「建築条件付き」の場合は、外構工事は別途扱いになるケースが多い上、これらの工事は予想以上に金額がかかるため、必ず契約前にしっかりと見積もり書を提示してもらい、金額の確認をしておきましょう。

 

別途工事は、売主(業者)が慣れているほど、金額もわかりやすいものですが、相手がこのような「建築条件付き」の売買形態に慣れていない場合や、小規模な会社の場合、非常にあいまいになってしまいます。コンセントの追加などを始めとする追加工事は、建築中に同じ業者がやることがほとんどですが、外構工事のような部分は、その工事を行うためにまったく異なる業者に工事を依頼する場合もありますので、早めに内容の確認と見積もりの提示を依頼した方がいいでしょう。

 

また、業者によっては本体価格を安く見せかけるために、建築確認の申請費用や地盤調査費用などをわざと別途工事としている場合もあります。いずれにしても建物を建て、住むためには必要な費用ですから、後で想定外の出費が無いように契約前にキッチリと把握しておきましょう。特に左の項目は、本体価格に含まれているかどうかがあいまいなものの一例ですから、注意してください。さらに、建物の工事費とは関係のない完成後のエアコンや力−テン、あるいは新規購入する家具といったものなども、最終的には買わなければならないものになりますから、事前に予算計上しておく必要があります。

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加