購入前に!不動産の資産価値を確認するべき!!

不動産の価値

購入前の資産価値の確認方法!!

今回は、その「資産価値」についてお話ししたいと思います。

 

生活環境の変化も考慮して資産価値を考える

なぜ資産価値を考慮して家を購入する必要があるのか。それは、家を手放すことになった場合に、資産価値の高い家である方が、良い条件での売却が可能になるからです。家の購入を考えている状況で、売る時の話をされても・・・と思われるかもしれませんが、今は一生購入した家に住み続けるというつもりでも、仕事の関係や子どもが増えるなど生活環境の変化によって、家を売却し新しい生活をスタートする可能性がないわけではありません。その時になって資産価値があまり高いといえず、思っていた金額より少ない金額での売却になってしま鵜ことがないように、家を購入する最初の段階で、なるべく資産価値の高い住宅を購入し、上手にメンテナンスしていくことをお勧めします。

 

※公式HPから資料請求をするな!!

※営業電話がかかってこない!!資料請求!!

 

 

一戸建てとマンションの資産価値

今までの考え方では、一般的なつくりの一戸建て住宅は築20年で資産価値がゼロになるといわれてきました。しかし、現在政府が推進している200年住宅の価値が市場で認められるようになれると、高気密高断熱などの住宅としての性能が高く、長く住むことができる家の資産価値は大きく見直されると思われます。一方のマンションはというと、一般的に築10年を基準として考え資産価値を算出するとされています。築10年よりも新しい物件は、1年当たり1.5%資産価値が上がり、逆に古ければ築15年までは1.5%、20年までは2%、それより古い物件になると2.5%下がるといわれています。つまり、築10年で2500万円の資産価値のあるマンションの場合は、築20年になると約2000万円に下がるということです。しかし、住宅の価値は築年数だけで決められるものではなく、管理状態や設備等の付加価値によって総合的に判断されるものですので、それぞれの物件の状態をしっかりと把握して見極めることが重要です

 

 

 

資産価値が高いとか低いとかどこを基準に判断したらいいの?というお客様の為に簡単にではありますが、ある程度基準になる目安についてお教えいたいと思います。

土地の資産価値が高いもの

 

最寄りの駅に近い

 

住宅の面積が広い

 

商業施設などが近い

 

住みやすい街(周辺の町並み、学校、公園など)

 

立地条件が良い

 

土地の資産価値が低いもの

 

最寄りの駅から遠い

 

嫌悪施設(風俗店、廃棄物処理場、刑務所など)が近い

 

騒音や振動、悪臭がする

 

地盤が弱い

 

建物の資産価値が高いもの

 

住宅の性能が高い(断熱性や遮音性など)

 

一般的な間取りをしている

 

メンテナンスの状態が良い

 

バリアフリーの住宅

 

太陽光や床暖房など設備が充実している

 

建物の資産価値が低いもの

 

住宅の性能が低い

 

奇抜なデザインをしている

 

用途が限定されてしまう間取りになっている

 

メンテナンスの状態が悪い

これらは、あくまでも目安ではありますがこれらの状況を確認して購入を行うことでかしこくマイホームを手に入れることができると思います。

 

※ハウスメーカーが値引きをする時期

※アエラホームの坪単価!!


 このエントリーをはてなブックマークに追加