「ツーバイフォー工法」「在来工法」耐震性の違い!!

ツーバイ工法

 

【目次】

 

強度・耐震性はほぼ同等!!【現在では】


一般的な意見としては、2×4工法の方が在来工法に比べて構造的に強く耐震性も高いというものがあります。柱と梁で躯体が構成される在来工法よりも、6面体の壁・天井・床で建物を支えるツーバイフォー工法の方が構造的に強いと主張される方が多くいます。ですが、ひと昔の在来工法の住宅はさておき、現在の在来工法は、ツーバイフォー工法の良さを取り入れ構造壁をたくさん作るような建て方になってきています。壁もツーバイフォー工法のように構造用合板を貼って強度を高めている在来工法が主流となり、そのような在来工法の家の強度はツーバイフォー工法と同等と言ってよいでしょう。

 

 

「強度」・「耐震性」は同等!!

 

ツーバイ工法 違い

 

アエラホームの「クラージュ」も在来工法に構造用合板を貼って強度・耐震性を高めています。

※アエラホームの坪単価!!

 

 

ツーバイフォー工法とは?

ツーバイフォー工法は、壁式構造のひとつですが、2×4材と呼ばれる構造材を用いて強度を高める工法です。比較的単純な作業で家をつくれるため、工期が非常に短縮できる点がメリットです。ツーバイフォー工法は、北米では一般的な木造の方法で、西部開拓の時代に発祥した「幌馬車を模した構造」ともいわれています。正式には、バルーン構造、ポストアンドビーム構造、プラットフォーム構造の3種類の構造がありますが、我が国では昭和49年、建設省の提唱によって、プラットフォーム構造を「枠組壁工法」と呼ぶことになりました。使用される材が、2×4材や2×6材などの規格材であることから、ツーバイフォー工法・ツーバイシックス工法と呼ばれていますが、これらはすべて輪人材となっています。国産材にはこの規格の材はありません。ツーバイフォーは、日本でもすっかりメジャーになりました。テレビのCMやインターネット広告を見ていると、フリープランで耐震性が高く、遮音性、断熱性に優れ、台風や衝撃、火災、腐食に強くて・・・と、どこをとっても素晴らしい理想の工法のように聞こえます。しかし、宣伝を真に受けるだけでなく、その特徴をしっかり理解しておきたいものです。

 

木造の壁式構造に用いる面材は合板がほとんどですが、これは高さに対して厚さが小さいため、建物重量を支えることができません。ツーバイフォー工法の場合、壁の内部には比較的細い柱が何本も立っています。それだけではやはり建物重量を支えることはできませんが、合板と細い柱を組み合わせることによって強度を発揮する構造になっています。

 

これに対して、合板を用いた在来工法では、面材である合板には建物重量を負担させずに水平力だけ負担させ、建物重量は柱に負担させます。なお、この水平力を負担する合板を筋交いに置き換えたのが原形型在来構法で、ブレース構造と呼ばれています。

 

 

ツーバイフォー工法と在来工法の工程の違い

ツーバイフォー工法では、土台を設置したあと、以ドの流れでつくられます。

 

合板に2×4材や2×6材を釘で打ち付けてパネルを何枚もつくる。

 

そのパネルを外壁や内壁として、部屋を区切るように立てる。

 

その上に被せるように床パネルを置く。

 

床パネルの上に、下階と同じように外壁と内壁を立てる。

 

以上の工程を繰り返したあと、最後に屋根パネルを載せる。

 

仕口はパネルにパネルを載せるだけなので複雑なものはありません。対して、在来構法では以下のようになります。

 

通し柱(2層分以上にまたがる柱)や管柱(その階だけの柱)を、仮の筋交いを使いながら立て上げる。

 

梁を柱から柱に掛け渡しながら、上階の管柱を立て込み上棟する。

 

床の根太や筋交いや合板を打ち付けて全体のフレームが出来上がる。

 

仕口は棒状の柱と梁を接合するために非常に複雑になります。最近では仕口部分での断面欠損を少なくするために接合金物を使うことが一般的です。また、職人不足や、人件費削減、加工精度のばらつきを低減するなどの目的で、仕口の加工を工場で機械を使って半自動的に行なうプレカットが標準となっています。。

 

 

施工・監理のレベルが課題

海外からの輸入材を使っていることから、船荷が遅れて部材が届かなかったり、品質が悪くて交換したりで、工事作業がしばらくストップしてしまうことが現実に起こっています。また、現場での技術的な対応が不充分な業者もあることも事実です。ツーバイフォー専門の大工さんや工事管理者、トラブルにスムーズに対処できる工事監理者は極一部の施工業者だけでしょう。建設業者の実績や施工内容、特に工事スタッフについては、よく説明を受けたほうがいいでしょう。

 

 

ツーバイフォー工法を採用するハウスメーカー
ツーバイフォー工法

セキスイハイム

三菱地所ホーム

住友不動産

セルコホーム

富士住建

メープルホームズ

ツーバイシックス工法

住友林業

住友不動産

三井ホーム

東急ホーム

ウィザースホーム

セルコホーム

GLホーム

※各社の資料請求はこちらから!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 このエントリーをはてなブックマークに追加