マイホームのメンテナンス【たくさんお金がかかる!!】

住宅のメンテ

 

 

 

一戸建てのメンテナンスは部分ごとにチェックする

住宅はどんなに大切に使っていても、設備は劣化し外壁や屋根は傷んできます。見えにくい小さなヒビでもそこから雨水が浸透すれば、内部の腐食を進めてしまいます。住宅の性能を維持するためにも、定期的なメンテナンスを行いましょう。
戸建て住宅の場合は、家主が管理する必要があります。日ごろから家の状態をチェックし、補修が必要な部分は早めに対処しておきましょう。「あとでまとめて」と考えていると、1回の補修費用の負担が大きくなってしまいます。床や壁などの汚れは自分で対処できる場合もありますが、基礎や柱など住宅の骨格となる部分の不具合や傷みは、その家を施工した業者やメンテナンスの専門業者に相談しましょう。

 

 

 

自分でできるメンテナンス・できないメンテナンス

日常的なメンテナンスは家主が手をかけてすべきことです。ふすまや網戸の貼替え、トイレのタンクが詰まった時の修理、外壁のペンキ塗り直しなど、日曜大工や趣味の延長でできるものなら自分で行ってのも良いでしょう。

 

しかし大規模メンテナンスとなると話は別です。シロアリ予防のための土台の腐食処置や、ガス管の取り替えなど、そもそも素人には不可能な工事があります。また、構造躯体部分、基礎、土台、柱などの部分は数年ごとにプロ点検してもらう方がいいでしょう。家の資産価値を保つために、どんなメンテナンスが必要なのかをしっかり把握したうえで、自分でできることは自分で、プロにお願いした方がいいことは任せましょう。

 

※ハウスメーカーが値引きをする時期

※アエラホームの坪単価!!

 

 

メンテナンスが必要になる事例

基礎・土台・柱・梁

●シロアリ被害

シロアリは木材や畳、ケーブルやコンクリートまで食べてしまいます。そのため基礎や土台、柱や梁に使われている資材が空洞化し、住宅の変形や傾き、最悪の場合は崩壊を招くことになります。湿気や日陰を好むので、水回り部分の下に発生することが多いものです。

 

【対策】

・防蟻処理された資材を使う。

・ファンなどで床下の換気をよくする。
【対処】

・専門の業者に依頼する。

 

 

●腐食

腐食とは木材や金属材が腐ることです。腐食によって建物の強度が下がり、見過ごせば大きな被害を招きます。基本的には湿気を除去することで防ぐことができます。見えにくいところからの雨漏り、水漏れなどに注意が必要です。

【対策】

・防腐処理された資材を使う。

・ファンなどで換気をよくする。

・水回り部分の漏れを点検する。

 

【対処】

・腐食を発見したら、専門の業者に依頼する。

屋根・外壁

 

 

●屋根の痛み

屋根に割れやズレが起こると、そこから雨水などが侵入し、梁や屋根基礎部の腐食を進行させます。しかし、屋根に登って掃除したりチェックをするのは危険です。また瓦屋根の場合、瓦を踏んで割ってしまう可能性もあります。専門家に任せた方がよいでしょう。

【対処】

・屋根の表面が傷んでいるように見えたら、施工業者または専門の業者に相談する。

 

 

●外壁の痛み

外壁材にはあらかじめ防水、断熱、防音などの処理がされています。しかし、年数とともに塗装がはがれ落ちたりヒビが入ってきます。また、シーリング材(外壁の目地に詰めてある詰め物のこと)が劣化してくると、雨水が侵入してくる恐れがあります。

【対処】

・築10年あたりを目安に業者に相談し、外壁の塗り直しを行う。

 

 

●天井・内壁・床

天井は、うち影は住宅用洗剤、補修材などで比較的容易に自分で補修できる部分です。しかし、長年にわたって蓄積された汚れは簡単に落とすことはできません。日頃から手入れを心がけましょう。また、種類によって手入れ方法が違ってきます。

 

【日頃の手入れ】

・ビニールクロス/固く絞った布で、水拭きする。

 

・板張り/直射日光を避け、柔らかい布、または化学雑巾でから拭きをする。

 

・塗り壁/はたきなどでホコリを落とし、水や洗剤使用は避ける。

 

・白木/白木用ワックスをかけておき、普段はから拭きする。

 

・フローリング床/ワックスまたはニスを塗る。ワックスは半年に1度、ニスは3年に1度目安として塗り替える。

 

・カーペット/年に2回ほど、市販のカーペット用クリーナーを使ってクリーニングを行う。ただし、ものをこぼした時はすぐに拭き取って、シミを残さないようにしておく。

 

※公式HPから資料請求をするな!!

※営業電話がかかってこない!!資料請求!!

 

 

メンテナンスが必要になる事例

水回り

水回りは生活の基本的な活動に欠かせない場所で、湿気をつねに帯びているため、カビや腐朽菌が繁殖するには最適な環境です。手入れをせずにそのままにしておくと取り返しがつかなくなったり、高額な大規模補修をせざるを得なくなります。常日頃からメンテナンスを意識して、清潔さを保ちましょう。

 

キッチン

油汚れは料理のたびに拭き取り、コンロの中や換気扇などで、茶色く変色したり、層になって固まってしまった油は、洗剤を使用して除去しましょう。強力な洗剤を使用する場合には、必ずゴム手袋を着用して、換気を行いながら作業を行いましょう。

 

蛇口の水もれ

ハンドルを締めていても水が漏れる場合は、蛇口のパッキンという部分が磨耗していることが考えられます。パッキンは蛇口の構造内にいくつかの種類があり、どこから水が漏れているかによって磨耗しているパッキンの種類が違います。最近の蛇口は、片手でお湯と冷水の調整ができるものが主流ですが、このタイプは構造が複雑になっているため、業者に依頼して修理を行う方が良いでしょう。

 

浴室

・タイルの補修/タイルのひび割れやはがれは、浴室の土台部などに腐食やシロアリの被害を招きます。ひびやはがれは市販の接着剤やセメントで補修できます。
・敷居の補修/浴室の敷居は腐食しやすい部分です。腐食部分を完全に削り取ってから市販の防水剤を十分染み込ませ、その上に充填材を塗って補修を行いましょう。

 

・カビ対策/入浴後、軽く冷水で浴室を洗い流すと室内の温度が下がり、カビが発生しにくくなります。カビが発生したら、ブラシなどではこすらずにカビ取り剤(塩素系漂白剤)で除去しましょう。カビ取り剤を使う際には換気を必ず行い、2種類以上の洗剤を絶対に混ぜ合わせないように注意しましょう

 

トイレ

・汚れ/トイレは、気がついたらさっと掃除をするという習慣を身に付けることが大切です。トイレ用洗剤で便器の黒ずみ、黄ばみを取り、床は化学雑巾などで掃除しましょう。汚れを放置していると異臭が発生する原因になるので、こまめな掃除を心がけましょう。

 

・トイレタンク/水洗トイレの水が止まらない、水が出ないなどの問題はタンクの故障によるものが原因です。まずはタンク内の水位を確認し、それから浮き玉、浮きゴム、鎖、ボールタップ、止水栓と順番に点検しましよう。劣化しているものがあれば交換を行なってください。

 

 

建てたあとも続く「家づくり」

メンテナンス費

 

 

家づくりは建てた時点で終わるのではありません。そこから次のステージが始まるのです。あなたがパートナー選びをするときには、長い視点に立ってメンテナンス、リフォームがしやすいかどうかもしっかり聞くべきです。そうでなければ、10年後、20年後にきっと後悔することになるでしょう。

 

日本における産業廃棄物処理場のキャパシティーを考えたとき、将来は住宅の解体が禁止されるようになるかもしれません。建築解体物の量は莫大なため、たとえ禁止されなくても解体して廃棄する費用に1000万円以上かかる時代がくることは十分予想できます。そうなれば、老朽化してメンテナンスもできず、買い手もつかない家に死ぬまで住み続けなければならなくなるのです。その点からもメンテナンス性能の高い住宅、いわゆる長命住宅を選ぶべきなのです。中古住宅として価値が高まる長命住宅は人から人へと流通していきます。欧米で当たり前の社会システムは、まもなく日本でも当たり前になるでしょう。

 

これから家づくりをするあなたは、資産のためにも中古流通市場で高く評価される住宅にこだわってみてはどうでしょうか。あなたとあなたの家族のために、長命住宅を建てれば、結果として地域のため、地球環境のためにもなるのです。家づくりの主人公はあなたです。あなたがしっかり学習して、設計段階からメンテナンス、リフォーム、解体・廃棄にいたるすべてのプロセスに参加する姿勢で家づくりをし、長命住宅に対応できるパートナー探しを心がけましょう。

 

メンテナンスができない家を建ててはいけない

素材を考えるにあたって最初に掲げた3つの視点を再確認しておきましょう。

 

①メンテナンス性能

②リサイクル性能

③安全性能

 

これまでこのサイトで述べてきたのは、主に②リサイクル性能と、③安全性能でした。①メンテナンス性能は、資産性という視点に立っています。つまり取り替えやすく、塗―直ししやすいものが、メンテナンス性能が高い素材といえるでしょう。素材にはおのおのの寿命があります。現代の住宅は短命なため、素材の寿命がくる前に解体・処分されてしまうことも多いのです。

 

 

 

 

 

メンテナンスコストの真実

メンテナンスコスト

 

家は建てたあとにはメンテナンスをすることが必要です。車を買つたあと、洗車をしたりワックスをかけたり、定期的に検査をした戻車検を受けたり、いろいろお金をかけますよね。家も同じです。車はメンテナンスが必要なのに家はメンテナンスが不要なんてことはありえません。形あるものはいつか朽ち果てていくもので、その速度をゆるめていくためにメンテナンスが必要なのです。

 

「メンテナンスコスト」は、建物や設備機器などを維持管理していくのに必要なコストのことをいいます。家を建てるときにかかる費用を「イニシャルコスト」というのに対し、建てたあとにかかる費用を総じて「ランニングコスト」といいますが、メンテナンスコストはこのランニングコストの部類に入ります。具体的には、水道代や電気代、冷暖房にかかる費用に住宅のメンテナンスにかかる費用を加えたものがランニングコストです。

 

家のライフサイクルコスト

これらイニシャルコストとランニングコストを合わせて「ライフサイクルコスト」といい、住まいにかかる費用の考え方を建築費のみで考えるのではなく、そのあとの生活まで含めたライフサイクルコストで考えたほうがいいとする意見が増えてきました。つまり建設費であるイニシャルコストが高くなってもいい家を建てて、建てたあとの冷暖房費用を抑えること、改築や改造などの費用を減らす工夫をすることでランニングコストを低くし、これによって生涯の住宅費にかかる出費を抑えるという考え方です。

 

こうした考え方は「家を長く使う長寿命住宅」「高気密・高断熱の省エネ住宅」などを家づくりの基本コンセプトとして掲げる住宅会社の間で広まってきています。良心的な住宅会社はアフターメンテナンスについてはしっかりした体制をもっているので、建てたあとのメンテナンスの内容や費用の目安についても事前に教えてくれます。さて、では通常どんなメンテナンス費用がかかっているでしょうか。ここでは目安となる時期ごとに、一戸建てで考えられる主なメンテナンスについて見ていくことにしましょう。

 

◆築後1~10年

この時期はまだ大きな修繕はありません。ベランダまわりや窓の手すりなどの鉄に塗装を施している場合は、腐食を防ぐ意味で4〜5年で塗り替えを行なうことがあります。5〜10年くらいすると、和室の畳表替え、畳替えが必要となってきます。メンテナンスをする場合、内装材・外装材によりコストも手間も違いますので、パートナーの住宅会社に聞いておきましょう。

 

◆築後10~15年

築10年を経過するとだんだんと大規模な修繕が必要になってきます。とくに雨水や湿気対策として柱・梁・土台など構造躯体の損傷を予防するためにも、外壁や屋根などのメンテナンスは必要ですし、これにはまとまった費用もかかります。

◇外壁の塗り替え

(60〜200万円 ※施工方法や施工面積による)

 

そろそろ外壁には小さなヒビなどが入ってくる可能性もあります。そこから雨水などが内部に入り込むのを防がなければなりません。作業をするための足場を組む必要があるため外壁の塗り替えには費用がかかりがちです。

◇サッシなど窓周りの防水

(30〜100万円 ※施工面積による)

サッシなど窓周辺は雨水などが入り込まないようコーキングによる防水処理が行なわれていますが、このコーキングも少しずつ防水能力が落ちてきます。コーキングし直して防水能力を回復させていく必要があります。

 

◇屋根の塗装・防水

(50〜200万円 ※屋根の形状、施工面積、使用材料による)

屋根の形状や屋根材の種類などによって修繕の内容は変わってきます。塗装のや戻直しで済むケースや葺き替えが必要になるケースなどさまざまです。また時期に関わらず台風や地震などのあとに瓦のズレや損傷がないか調べることは必要です。

 

◆築15年以上

家族構成の変化や高齢化などライフスタイルの変化に応じたリフォームや、キッチン設備や浴室設備など水回り設備の老朽化によるリフォームなど、大規模リフォームが予想されます。これらの費用は小さなものは数十万円、大規模なものは数百万円とさまざまですが、いずれにしてもまとまったお金が必要になりますから注意しておきましょう。

 

マンションでは修繕積立金を入居時から毎月行なっています。一戸建て住宅でも各自でその方法を取り入れて、毎月1万円ずつでも積み立てて備えたほうが、結果として手入れが行き届き、長く使えるものとなるのです。

 

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加