坪単価と諸費用の関係

坪単価 クラージュ

 

理想に近づけたい家づくり。だから、予算オーバーはつきものともいわれます。しかし、少し注意すれば余分な出費を抑えることもできるのです。見積もりや契約内容をしっかりチェックし、ムダな出費をなくしましょう。

 

 

予算オーバー防止は見積もりチェックから!!

予算の見込み違いを防ぐには、家づくりの総費用をつかむことが非常に大切です。多くの方が当初は、広告に表示される「坪単価」を予算の参考にすることがありますが、これは、モデル住宅の基本的な工事費を1坪当たりの金額に直したものです。建てたい家の規模に応じて坪数をかければ、予算の目安がわかるのです。

 

しかし、家づくりでは工事費以外に諸費用がかかります。また、工事費にも、工事を始めてみないと正確な金額が出ない不確定な部分があり、別途工事費が発生します。別途工事費やオプションで追加するような工事費は、建て主によってケースーバイーケースになるので、広告上の「坪単価」には含まれていません。総費用の構成を下に整理しましたが、家づくりが具体的になったら、当初目安にしていた「坪単価」を一度頭から消して、「これから改めて、どんな予算の家を建てるのか、自分で決める」という心構えを持つことが重要です。

 

工事費の予算は見積もりを確認しながら決めていきましょう。見積もり書は特定の書式があるわけではありませんが、一般には本体工事費と別途工事費に分けられています。本体工事費は金額が明示されている費用です。この部分には明細があり、使用材料や工事内容、その単価と合計金額などが書かれています。この中身によく目を通し、自分が望むプランになっているかをしっかり確かめましょう。しかし、この内容を一般の方がしっかりと把握することは難しいでしょう。施工先を信用しすぎて、任せたままにしていると、発注ミスがあったり、あとで「こんなつもりじゃなかった」ということになって変更工事が出たりして、思わぬ出費が発生することもあります。

 

 

 

「別途」扱いの工事費は早めに金額を確認する

一般的に別途扱いになることが多い工事を下の図にあげました。例えば、専門業者に委託する水道、ガス、電気といった工事があります。これらはライフラインに関するものですから、別途工事を行わない限り、住める家にできないことになります。特に水道関係の費用は条件によって100~200万円以上の差が出るといわれます。

 

そして、注意したいのは施工先によって何を別途扱いにするかが違うということです。例えば、オール電化を標準仕様にする住宅商品なら、電気工事費の多くが本体工事費に含まれます。そこで、見積もりが出たら、まず、本体工事費と別途工事費の区分けを整理してみましょう。そして、安易に別途扱いにされているものがないかを確かめ、金額を決められるものは決めるようにします。ローンの融資額は工事請負契約書の金額をもとに判断されるので、そちらへの影響を考えても、契約までにできるだけ多くの費用を固めておくことが重要です。

 

 

規格型の住宅で注意したい 「オプション費用」

「標準仕様」という基本プランがある規格型住宅の場合、別の仕様を注文するとオプションエ事費がかかります。モデルハウスや展示場の住宅は通常、オプション部材も使用していますが、それを標準仕様と誤解して同様の仕様を注文したり、カタログの表示を見逃して自分の家がすべて標準仕様だと誤解していたりすると、この費用が「思わぬ出費」になります。オプション部分も「標準外工事見積書」などの形で見積もりが示されますので、契約前にきちんと確認し、あとであわてることがないようにすることが重要です。

 

 

予算計画では総費用をチェック

内容 見積もりとの関係性
本体工事 施工先の工事範囲。規格型住宅では標準仕様部分。広告物の坪単価のもととなる工事費で、総費用の7割程度ともいわれる 見積もりに金額明示
オプション工事 規格型住宅で標準仕様外の吝財オを使う場合など 金額明示。「標準外工事費明細書」など、別枠の資料になることもある
別途工事 電気、ガス、水道など専門業者依頼分。 詳細後述 項目は示されるが、金額は「別途]として示されないことが多い。示される場合も概算のことがある
諸費用 建築確認、ローン、登記などの費用。詳細後述 施工先が代行する建築確認費用は見積もりに載る。 しかし.そのほかは基本的に施幸が管理して支払う

 

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加