ヒートショックも安心!!【アエラホームの健康住宅】

 

 

 

アエラホームのロゴ

 

『アエラホーム』はアルミで包んだ家

 

家全体をアルミ箔で覆われた高性能断熱材「キューワンボード」ですっぽり包み込み、徹底した気密処理を施した「外張断熱の家」です。冷暖房のロスが少なく省エネ性に優れ、室内の温度差が少ないのでヒートショック対策にも効果的です。

 

 

1.部屋間温度差のリスク

ヒートショックは2倍

最近のハウスメーカーのHPを見ると「ヒートショック」の文字が目立ちます。実は多くの人が自宅内でヒートショックで亡くなっているのです。交通事故死亡者よりも、入浴中のヒートショックでの死亡者の方がなんと4倍も多いのです。その最大の原因は部屋と部屋の温度差です。また、1月のヒートショック死亡者は、9月の2倍以上にもなるのです。

 

ヒートショックの最大の原因は、住宅内の温度差にあります。断熱性能が劣る傾向にある住宅では、ヒートショックのリスクが大幅に増すことが要因の1つと考えられています。「ヒートショック」とは、急激な温度変化により、血圧が大きく変動する事により起こる健康被害のことです。

 

 

★『アエラホーム』ならば・・・・・

アエラホームならば、一年中快適な室内温度を保つことができるので、心臓や血圧への負担を減らし、死亡リスクを大幅に軽減することを期待できます。

 

断熱性能の劣る住宅から断熱性の優れた住宅に住み替えることで、疾病の有病率が改善するというアンケート結果も出ています。

●脳血管疾患・・・・・・84%改善

●心疾患・・・・・・・・81%改善

(日本建築学会環境系論文集)

※『アエラホーム』のネット見積もり!!

 

 

2.アレルギーのリスク

PM2.5 除去

外部からの空気を取り込む際に気になるのが、外気に含まれる有害物質の花粉やホコリです。外部から有害物質をカットすることでアレルギー対策となります。『アエラホーム』なら「微小粒子用フィルター(PM2.5対応)」と「高機能フィルター」でしっかりと有害物質をキャッチし、新鮮でクリーンな空気を室内に送り込みます。さらにはPM2.5もしっかりと除去します。

 

 

【微小粒子用フィルター(PM2.5対応)】

10ミクロンの粒子を80%以上もカットすます。アレル物質やウィルスなどを抑制します。

抗アレル物質性…花粉・ダニの死骸などアレル物質の活動を抑制
抗ウィルス性…主要な細菌・ウィルスを抑制
抗菌性…主要な菌の繁殖を抑制
防カビ性…主要な菌の繁殖を抑制
消臭性…アンモニア・ホルムアルデヒドなどの悪臭を消臭

 

【高機能フィルター】

1.0~3.0ミクロン以上の粒子を約90%捕集します。フィルターの表面がプリーツ状になっており、大幅に機能が向上しています。

 

 

★『アエラホーム』ならば・・・・・

アエラホームなら、高機能ダブルエアフィルター(「微小粒子用フィルター(PM2.5対応)」「高機能フィルター」)を備えた全熱交換型換気システムにより、PM2.5や花粉などの有害物質を完全にカットします。さらにアレル物質やウイルスなども大幅に抑制します。

 

 

断熱性能が低い住宅から断熱性の高い住宅に住み替えすることで、
疾病の有病率が改善するというアンケート結果も出ています。

●アレルギー性鼻炎・・・27%改善

日本建築学会環境系論文集

 

 

3.インフルエンザのリスク

インフルエンザウィルス抑制は、温度と湿度の調整が鍵になります。住宅内での温度・湿度の管理調整が重要になります。アエラホームのクラージュなら健康的な温度と湿度に調整を実現できます。

 

 

★『アエラホーム』ならば・・・・・

アエラホームの「クラージュ」なら、全熱交換型換気システムにより、
温度と湿度を調整し健康的な住環境を実現します。

熱交換率・・・90%

 

 

 

【まとめ】

 

アエラホームの健康住宅ならば、疾病改善、医療費削減が可能!!

アエラホームのまとめ

 

●高い断熱・気密性能

ヒートショックの抑制 ダニやカビの繁殖の抑制

 

●全熱交換型換気システム

温度と湿度の適正な調整  インフルエンザウィルスの抑制

 

●光触媒コーティング

雑菌、ウイルス、ニオイの元を科学的に分解除去します。

 

 

★『アエラホーム』なら、高い断熱性能により住環境が改善され健康改善効果が期待できます。
★『アエラホーム』の住宅なら、健康的な生活が送れます。

 

アエラの快適性

『アラホーム』の見積もり&間取り請求!!

 

 

アエラホームならヒートショックも大丈夫!!

廊下は寒い ヒートショック

高齢者が自宅でなくなる原因の30%以上が「ヒートショック」によるものだというデーターがあります。また入浴中に亡くなる方は、年間でなんと約14,000人と言われていますが、その主な原因が「ヒートショック』なのです。安全だと思われている家の中が、実は高齢者にとっては危険な環境となっている現実があるのです。「ヒートショック」を起こしにくい住宅が今注目されています。ハウスメーカーは断熱性の優れた住宅を積極的に展開しています。

 

 

■ヒートショックとは?

「ヒートショック」とは、急激な温度変化が心臓や血圧に急激で深刻な影響を及ぼし、脈拍が急速に早くなったり、動悸が発生したいるする現象です。ひどい場合は心肺の停止に至ることがあります。特に高齢者の方は気を付けないといけない現象です。

 

 

暖房がよく効いた暖かい部屋から、寒い廊下やトイレに行ったとき、体が「ブルッ」とすることがないですか?

 

 

この減少は簡単な「ヒートショック」です。実はこの時、心臓や血圧には非常に大きな負荷がかかっているのです。人体の仕組みとして、温度調整をしようとするために血管を収縮させる働きがあります。その結果、血圧が急激に変化するのです。若い健康な方なら大きな問題はないのですが、高齢者や心臓などに問題がある方にとっては、非常に大きなリスクとなるのです。

 

【ヒートショック】の原因は住宅の間取りにアリ!!

間取り ヒートショック

「ヒートショック」が発生する確率が高いのが、トイレや洗面所、廊下です。これははっきりとデーターとして出ている事実です。

 

トイレや洗面所、あるいはお風呂に関しては、住宅の間取りに関しては「ヒートショック」の大きな原因であることも指摘されています。お風呂やトイレ、洗面所は住宅の北側に配置されるケースが圧倒的に多いのです。リビングやダイニング、あるいは各居室を明るく日当たりの良い位置に配置するのが、住宅の間取りの基本です。そうなるとお風呂やトイレなどは、おのずと日当たりの良くない北側へと配置されます。トイレやお風呂が南側にあり、リビングなどが北に配置されている住宅を、私は見たことがありません。

 

 

アエラのロゴ

このように住宅の間取りは、必然的に廊下やトイレ、お風呂が日当たりの良くない寒い場所に配置されます。必然的に部屋と部屋の温度差が発生します。ですから住宅内の温度差を少なくする事が大切なのです。夏涼しく、冬暖かい、高断熱・高気密の『アエラホーム』なら「ヒートショック」の心配も大幅に緩和されます。

※「アエラホーム」の資料・見積もり請求はこちらから!!

 

 

 

 

ヒートショック死が急増!!

 

冬場、リビングや自分の部屋はエアコンやストーブをガンガン効かせているから暖かいけれど、「一歩、廊下に出ると寒くて身震いする」とか、「脱衣所で衣服を脱ぐときは凍えそうなほど寒い」という家が多いのではないでしょうか? このように家の場所によって温度のムラがあるのも、日本の家の残念な特徴のひとつです。そして、家のなかの温度差は、住み心地を悪くするだけではありません。最悪、死につながるような体の不調を招く原因にもなるのです。

 

 

交通事故死より多い浴室突然死

たとえば、最近よく耳にするようになった「ヒートショック」も家の温度ムラが原囚なのです。ヒートショックとは、急激な温度変化によって体がダメージを受けることで、とくに浴室で起こりやすいのです。

 

暖かいリビングから、寒い脱衣所や浴室に移動すると、体から熱が奪われないようにするため毛細血管が縮み、その結果血圧は上がります。それが浴室でお湯につかると、今度は血管が広がって急激に血圧が低下します。さらに、入浴後、寒い脱衣所で毛細血管が収縮して、また血圧が急上昇することになります。このような血圧の変動によって失神して倒れたり、湯船でおぼれたりすることもあります。また、最悪の場合、血管に負担をかけて心筋梗塞や脳梗塞を起こし、突然死してしまう場合もあるのです。

 

急増する家内でのヒートショック死

現在、ヒートショックで亡くなる人の数は増加しています。東京都健康長寿医療センター研究所がおこなった調査によると、2020年の1年間でヒートショックに関連した「入浴中の急死」で亡くなった大は、全国で約17000人にものぼると推計されています。この数は、この年、交通事故で亡くなった人(4611人)の3倍をはるかに超えていました。

 

また、ヒートショックで亡くなる人の8〜9割は高齢者なのですが、家のなかで亡くなった高齢者のうち、4分の1がヒートショックが原因で亡くなっているといわれています。ヒートショックを含む家庭の浴槽での溺死者は、2019年には2870人でしたが、それ以降1年で約2.3倍も増加しています。これだけ、年々、科学や技術は進歩していくなか、なぜ、ヒートショックによる事故を防げないのか、不思議だと思いませんか?温度ムラができない家をつくれば、このようなことは防げるはずなのです。ここにも日本の住宅が抱える大きな問題が現れています。

 

温度差が激しい家は自律神経を乱す

夏、冷房の効いた部屋と暑い屋外を行ったり来たりしていて、体がだるく、食欲がなくなったり、めまいがしたりと、体調を崩すという事例が多く報告されています。これは、室内と屋外の温度差が大きいと、それに自律神経が対応できなくなるのが原因のひとつなのです。家のなかに温度ムラのがあると、これと同じような現象が起きます。

 

日本では、冬、暖房で暖められた部屋のなかは28℃くらいありますが、廊下やトイレはというと10℃に満たないという家が少なくありません。その温度差は20℃近く。この温度差が原因で、自律神経が乱れ、不調が起きるようになるのです。

 

自律神経の乱れは体のだるさやうつの原因に

自律神経とは、人の意志と関係なく、常に働いている神経のこと。大が活動的に動いているときや緊張しているときに働く交感神経と、その反対に休息やリラックスしているときに働く副交感神経からなります。このふたつの神経が協力しあって、呼吸や血液循環、消化などの内臓の働きなど、生きるために必要な体の機能をコントロールしているのです。

 

この自律神経の役割のひとつに、体温の調節があります。気温が低いときには、交感神経が優位に働いて血管や筋肉を収縮させ、熱を発生させます。気温が高いときには、副交感神経が優位に働いて血管を拡張させ、熱を放出させます。しかし、気温差が大きく、暑かったり、寒かったりが繰り返されたりすると、自律神経がうまく対応できず、その機能が乱れてしまいます。

 

自律神経は、先ほど述べたように体のさまざまな機能を担っているため、それがうまく働かなくなると、体のだるさや食欲不振、肩こり、頭痛など、全身にさまざまな不調が現れます。また、イライラやうつ症状など、精神的な症状が現れることも。リラックスできるはずの家が、反対に住んでいる人の気持ちを乱してしまうのです。

 
 このエントリーをはてなブックマークに追加