省エネ住宅が当たり前【高断熱・ZEH・太陽光】

住宅ランニングコスト

 

水道光熱費や修繕費を削減 低ランニングコストの実現!!

家を建てる際は、先々の経済性についても考えておきたいものです。現在、住宅業界では環境への取り組みも活発です。ZEH住宅やIOT住宅などが注目を集めています。家を取り壊すまでの期間を人の一生になぞらえ、「家の生涯コスト(ライフサイクルコスト)を減らす」というテーマのもと、省エネ効果の高い家づくりも提案されています。こうした工夫は家のランニングコストを抑えて経済的に暮らすためにも役立ちます。

 

それでは、家のランニングコストには、どんなものがあるかというと、主に水道光熱費と家自体のメンテナンス費用が考えられます。そこで、このランニングコストを抑えるには耐久性が高く、消費エネルギーが少ない家を建てることが大前提になります。今の住まいは電気設備を多用するようになっていますので、自分にとって本当に必要な設備を選んで使うという発想もとても重要です。そして、家庭の電力消費で人きな割合を占めるのが冷暖房や給湯です。冷暖房は部屋ごとに効率的に使えるプランを考えたり、省電力対応の新設備を使うといった対応も必要です。さらに、環境対応では後述するエコキュートや太陽光発電システム、蓄電池システムといった、注目設備も登場しています。導入のイニシャルコストの点では負担になるものもありますが、この点も予算のバランスを考えてみることが大事です。長い目で見た効果もチェックポイントです。

 

 

断熱性に気を配り家全体を省エネ化【ZEH住宅】

ランニングコストを減らすならば、まず、家全体の断熱性と気密性から検討してみる必要があります。これはZEH住宅の基本でもあります。家を断熱材で包み、室内の温度が戸外の温度の影響を受けにくくするのが断熱性、家のすき間をできるだけなくして、断熱効果を守るのが気密性です。断熱性と気密性を高めた家は、快適に過ごせるとともに冷暖房費を大幅に抑えます。住まいの省エネ性の具体的な基準については、国土交通省と経済産業省が共同で告示している省干不基準があり、「新省子不基準」から「次世代省エネ基準」へとより効果の高い建物の基準が示されてきました。これは地域ごとに、Q値(熱損失係数などの具体的な数値を定めたもの。ちなみ にQ値は数字が少ないほうが性能が高いことを示します。住宅の広告にも、Q値がいくつとか、「次世代省子不基準クリア」と いったアピールがされています。ただし、家の省エネ性を高める収り組み は、さらに、健康面や精神面にも配慮したバランスのよい建物を建てる段階に進んできています。例えば、気密性を高めれば 室内の空気を密閉しがちになるので、換気 対策もより求められるようになり、自然素材の断熱材なども注目されています。

 

 

日本家屋の知恵も活かし快適で経済的な家に!!

現在の住まいは設備によって、快適に過ごせるようになりましたが、自然条件を上手に使う家づくりの基本は変りません。季節のよい時は、窓を開け放って自然換気ができるようにし、窓を2方向にあけて室内の通気をよくします。家本体の健康にも役立ち、耐久性を高めます。また、日本家屋には日本特有の風土のなかで快適に暮らす知恵があります。例えば、庇は、太陽の高度が高い夏は暑い日射しを遮断し、太陽の高度が低い冬には暖かさを取り込む役割を果たします。夏は、窓にすだれを垂らすだけでも日射しがやわらぎ、植栽などの緑化で涼しく過ごせます。

 

 

★ チェックポイント ★

 

●ランニングコストを減らすポイント

●家の構造や外まわりは高耐久に

 

●水まわり設備はメンテナンスや取り替えがしやすくする

 

●冢全体を高気密、高断熱に

 

●通風への配慮、緑化などで自然の力も上手に生かす

 

●省エネ家電を積極活用

 

●太陽光発電などの新設備にも注目する

 

 

当たり前になってきた「エコキュート」!!

住宅設備を選ぶ際も省エネ性能を十分に吟味しておきましょう。特に給湯設備や床暖房は、一度決めてしまうと、変更工事が大がかりになるので、新築時によく考 えておくことが重要です。給湯設備の熱源には、ガス、石油、電気 などがあり、それぞれ経済性の向上がはかられています。そんななかで、今特に注目されているのが電気を効率的に使うCO2自然冷媒ヒートポンプ給湯器です。「エコキ ュート」の愛称で呼ばれています。ヒート ポンプとは大気から熱を取り込む装置で、 そのために冷媒という物質を用います。当初は、これにフロンが使われましたが、自 然界に存在するC02を使う技術ができ、一段と環境にやさしくなりました。大気熱で水をあたため、さらに、電気で常時、給湯できるようにします。この電気の部分も 電気代が割安な夜間電力を使いますす。その結果、非常に経済的にお湯が使えます。

 

 

太陽光発電化システムなどのZEH関連機器もチェック!!

ZEHの住宅

 

自然エネルギーを有効利用する環境設備の提案も活発になりました。ZEH住宅がその例です。太陽光発電、 太陽熱給湯、蓄電池といった設備です。太陽光発電は、屋根などにのせた太陽電池パネルで自ら発電し、電力が足りない時は電力会社から電気を買い、あまる時は電力会社に電気を売る契約を結びます。住宅 用の設備も屋根の形状に対する工夫が進み、発電効率が高まりました。最近のハウスメーカーの住宅では、この太陽光発電システムは、すでに標準化されています。

 

また、オール電化は燃焼させる機器を使 わないことでクリーンな家をつくるもの。IHクッキングヒーターや夜間蓄熱式の給湯器や暖房、そして、太陽光発電などを組み合わせることで、より経済的に実現できます。将来的な経済性を考えて、こうした最新設備を検討するのもよいでしょう。

 

 

■エコ住宅の先端アイテム

太陽光発電

太陽電池パネルで太陽光から電気をつくりだす。パネル をど れだけ効率よく設置できるかがポイント。発電のばらつきが 
あっても、不足時には電力会社から供給を受け、余剰時には電力会社に電気を売れるシステムができている。導入費用には、
経済産業省関連団体の助成制度などもある。

オール電化

加熱調理器、給湯、冷暖房などをすべて電気でカバー。 燃焼 させる機器を使わないことで、クリーンな家ができる。I H   
クッキングヒーターの進イヒや、夜間蓄熱型の給湯器や暖房機 器などの普及で、経済性も高まっている。

雨水利用 雨水を貯めて再利用する。住宅ではトイレや庭の散水用 などに利用するシステムがあります。

 

 

●エアコン

省電力や空気清浄機能に注目

省電力や省スペース、付加機能の向上などが著しいエアコンも上手に 選びたい設備です。高い集塵能力と換気 機能、室内の酸素濃度を瀘量に保つ独自の酸素チャージ機能などを備 えた空気清争イ匕エアコン。室内機は奥行き199mmの薄型1効十。期間消 費電力は同社10年前製品に比べ40%も削減。新電力料金単価目安1 kWh=22円で計算すると、電気代は年間で約13600円も得になる。

 

●給湯器

大気熱を生かす「エコキュート」

エコキュートの製品例です。スイッチひとつで、湯はり、 保温、足し湯などが簡単にできるフルオートタイプ。 追い炊きや沸かし直しも可。標準的な370リットルタ イプで給丿昜にかかる電気代は月平均約1,000円く外気 温、給水温度、電気料金契約などに所定の条件あり)。 環境にやさしく。経済的なのが魅力。

 

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加