「高気密高断熱」とは?

その名の通り、断熱性と気密性を高め、暖房の効率をよくした建物です。ただし、その基準はあいまいで、あやしいものもあるので注意が必要です。

 

 

 

 

最近、巷では「高」断熱だ、「高」気密だ、やれ「K値」がどうした、「Q値」がいくつだ、「Ua値」はどうなの・・・と大騒ぎです。ではその「高気密高断熱」とは、一体どんなものなのでしょうか?「高断熱」を実現させるために、壁の内部に湿気をほとんど通さない断熱材を充填し、外側に通気層を設けて湿気が壁内にたまらない構造にします。さらに、気密性を高めるためには、屋内外で空気が勝手に移動する自然換気量を少なくします。自然換気は温度差や風圧によって方向や量が変化します。こうした不安定な自然換気量を減らすことで、暖房時の熱が逃げにくくなり、家全体の温度差が解消されるのです。よって結露を防ぎ、建物の耐久性を保持します。

 

※公式HPから資料請求をするな!!

※営業電話がかかってこない資料請求!!

 

 

高気密高断熱のメリット

高断熱高気密 メリットデメリット

これまでの住宅は、部屋ごとの個別暖房のため、非暖房室との温度差が大きく、間仕切壁の中で壁内結露を発生し、カビやダニが繁殖し、住む人と住宅の健康に悪影響を与えているといわれています。また、家の中で大きな温度差ができることは、高齢者にヒートショック減少の恐れを軽減させ、トイレや脱衣室といった部屋で脳卒中を起こすことが大きな問題となっています。

 

高気密高断熱の住宅は、「今まで部分的な暖房(個別暖房)の燃費で、家全体を暖める」ことができる性能であり、その断熱性能レベルは寒冷の割合によって変化するものです。この全室暖房は必ずしも、各部屋にパネルヒーターを設置して行うセントラルヒーティングではなくても、排気を屋外に排出するFFストーブなど1台の熱を循環させる方式でもよいですし、太陽熱を利用したソーラーエネルギーでもよいのです。高気密高断熱は、単に電気や石油・ガス・電力の消費量を減らすことだけが主たる目的ではなく、室内における温度差を極力少なくし、高齢者や体の弱い方にとって快適で、カビやダニを発生させない住宅を目指しているのです。

 

 

あいまいな「高」断熱・「高」気密の基準

しかし、実は何をもって「高」とするかは、一定の決まりがないです。公的な基準がないのです。各工務店、各ハウスメーカーが「高気密高断熱」と、自慢げに宣伝していますが、その名に恥じない機能を有しているところもあれば、単に以前と比べて・・・・といった「自社従来比」的な怪しげなものまで千差万別となっているのが実状です。この状態では、よいも悪いも論じることができないので、一定の基準が必要とされています。そこで、一般的には、平成11年、建設省(当時)から出された「次世代省エネルギー基準」のレベルで断熱・気密の施工がなされているものを「高気密高断熱住宅」としています。しかし、既に約20年前の基準です。早急に業界として一つの基準を示してほしいものです。

 

夏に涼しくて冬に暖かい家を望む気持ちは普通ですが、高気密住宅は内部での空調(冷暖房)が大前提になり、計画換気を行うので、温暖で住環境のよいところでは採用しなくてもよいと言えるでしょう。高気密の仕様に満点に近い施工ができる業者があるのか?という疑問もあります。一般的な断熱材でさえ、満点の施工を見た事がありません。問題なのは、高気密を前提として設計施工された住宅ではなく、最近流行のプラスチック系の断熱材や根太のいらない厚手の合板を使って施工し、結果的に気密性が向上してしまった住宅です。気密性能が向上した場合、自然換気では不足し、計画換気設備が必要になるのですが、無頓着な業者が多いので大きな問題となっています。特に中小の工務店の住宅にはこのようなエセ高気密高断熱住宅が多いように感じます。

 

 

「次世代省エネルギー基準」とは

南北に長い日本列島を大きく5つに分け、それぞれの範囲で断熱性能・気密性能の基準を数値で示したものです。日本の省エネルギー政策は、オイルショック後の昭和55年に施行された「省エネルギー基準(今でいう旧省エネルギー基準)」にはじまり、平成4年に「新省エネルギー基準」、平成11年に「次世代省エネルギー基準」と、二度にわたり改正強化されされてきました。なぜ近年になって慌ただしく強化されたかというと、1997年に京都で開かれた地球温暖化会議(COP3)において、日本に「2010年までにCO2の排出量を1990年の排出量に比べて6%削減する」という数値目標(いわゆる京都議定書)が与えられたからです。全体のエネルギー使用量の3割弱は民生部門(住宅やビルを使用する際に消費するエネルギー)で消費されています。さらに、住宅で消費されるエネルギーの70%が「冷暖房・給湯」設備で消費されているといわれています。この割合を減らし、トータルでCO2排出量を削減しようという狙いがあるのです。

 

 

数字だけの機密性能が横行している現実!!

住宅の気密性能を数値だけで追いかけても、肝心の設計条件や計画がしっかりなされていなければ意味がありません。高気密高断熱といいながら、南屋根面にぽっかりと大きなトップライトを設けている住宅を時々見かけますが、これでは高断熱が実現されません。また、気密と断熱は一方だけでは明らかに成り立ちません。気密基準や換気計画があいまいになり、効果が半減するどころか、建物に悪い影響を与えかねません。さらに設計通りの施工ができるかどうか、工事施工者の技術と心構えも大事です。当然、工事監理者の役割も、さらに重要になってくるのです。

 

 

時間が経っても断熱・気密性能は落ちないの?

時間と断熱性

 

材料や工法、施工精度によって断熱・気密性能の劣化の度合はかなり異なります。まったく落ちないということはありませんが、適切につくられていれば、問題ない範囲の劣化ですみます。

 

材料別にみると、断熱材で劣化の度合が大きいものは、フロン系の発泡剤を用いたウレタンフォームです。フロン系ガス使用の発泡プラスチック系のなかには、ガス拡散により、徐々に空気と入れ替わり、それとともに断熱性能が低下して、初期性能の75%まで低下するものもあります。また、発泡プラスチック系は、高温多湿状態での変形が大きいことから、隙間が生じて断熱欠損になりやすく、その結果、結琳を起こす危険性があります。

 

グラスウールなどの伸縮性がある断熱材を使った充填工法は、きちんと施工がなされていれば、強風や地震による住宅の変形、軸組などの木材の乾燥収縮に対応でき、断熱・気密性能はそれほど落ちません。耐力壁合板で住宅の剛性を保つと、性能の低ドはさらに少なくなります。

 

一方、閥形の板状断熱材は、強風や地震による住宅の変形、軸組などの木材の乾燥収縮に追従しにくいため、隙問が生じて断熱・気密性能が落ちる危険性があります。そのため、施工の際には少なくとも、耐力壁合板で住宅の剛性を保ち、気密・防湿シートを張るなどして、性能の低下を防ぐ必要があります。

 

また、気密材に関しても、種類によって劣化のしやすさは異なります。製品によって、耐熱劣化試験や耐候劣化試験(紫外線)の数値が違うためです。選択時には卜分注意する必要があります。特に、寿命が約10年のシーリングに頼った気密住宅は、10年経過後の気密性能低下が大いに心配です。

 

窓の気密材については、この部分は常に紫外線に曝されているために劣化が早く、数年後の気密性能が着しく落ちる可能性があります。交換しやすい部分ですから、目視で劣化の確認ができたら、すぐに取り替えたほうがよいでしょう。さらに、窓の建付けが悪くなって、気密性能が落ちることもあります。日常の維持管理が重要です。

 

性能が低下しやすい断熱材は何か?

住宅は長く使うものです、ですから最初だけ性能がよくても意味がありません。断熱性能についても同様です。その点からいうと、発泡系断熱材は気泡のなかのガスが抜けることで性能が低下するものがあるので、きちんと施工されたグラスウールのほうが有利と言えるでしょう。

 

 

「高気密高断熱」はもう古い!! 時代遅れ!!と言われているのも事実です。今では、大手ハウスメーカーを中心にZEH住宅が大きな注目を浴びています。これまでの「高気密高断熱」とは違い、ZEH住宅には明確な基準があります。その国が定めた明確な基準を超えた住宅だけがZEH住宅と呼ばれるのです。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加